homify 360°: 家族の繋がりを感じられる家「House-S」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家に住んでいる人の多くは、家族と一緒に住んでいる人でしょう。ですが、両親は仕事で帰りが遅くなる、子供は塾に行かなくてはいけない、という家庭は少なくないかもしれません。そして問題になるのは家族が顔を合わせないこと。そのため家族の繋がりが感じられる家が求められるようになりました。そこで紹介したいのは七川淳建築設計事務所が手がけた家。建てられた家では家族の繋がりが感じられるようになっています。

印象的な外観

南側外観: bound-designが手掛けた家です。
bound-design

南側外観

bound-design

今回家が建てられたのは宮崎県の日向市。家は区画整理でできた住宅地に建てられています。その周りに見えるのは多くの建ち並ぶ家。そんな場所で本住宅は一際目立つでしょう。家は木造2階建てとなっており、片側の屋根は高く、反対側が低い片流れの屋根になっています。それ以外はシンプルな造りとなっているため、屋根の形が目立ち、人目を引き付ける外観になっています。

明るい屋内空間

木製サッシを開放ーLDKを見るー: bound-designが手掛けた家です。
bound-design

木製サッシを開放ーLDKを見るー

bound-design

印象的な建物の中には心地良い空間が作り出されています。家の中に広がるのは白色にまとめられた壁。それは家の中を明るく演出してくれます。白色の壁にアクセントを与えるのは木の素材です。木のフローリングは床を薄い茶色で覆っています。また太いの木の梁は力強さを感じさせ、屋内の空間を印象的なものにするでしょう。

明るく風通しの良い空間

リビング空間ー木製サッシを開放ー: bound-designが手掛けたリビングです。
bound-design

リビング空間ー木製サッシを開放ー

bound-design

明るい屋内空間を一層強調してくれるのは、家の前面部分に取り付けられた大きな窓。そこからは暖かな太陽の光を家の中に取り込んでくれます。そのため家の中はとても明るく気持ちの良い空間になっています。ですが窓が果たす役割はこれだけではありません。窓を収納すると、家の正面部分には大きな開口部が生まれます。そこからは太陽の光だけでなく外からの風を取り込み、明るく風通しの良い空間になるのです。

家族の繋がりが感じられる空間

吹抜空間と階段: bound-designが手掛けた廊下 & 玄関です。
bound-design

吹抜空間と階段

bound-design

このような家で大きな特徴となるのは家の中心に広がるリビングルーム。それはキッチンやダイニングルームと一緒となっており、広がりを感じさせます。そればかりでなく吹抜けにもなっているため、縦にも横にも広がりが感じられるでしょう。またこのような空間では壁や天井で空間ができるかぎり隔てられないように考えられています。そのため家族の姿が見えなくても、その気配を感じることができるのです。そして家族の繋がりを常に感じることができるでしょう。

家族の繋がりを感じられる心地良い空間

木製サッシー内部よりー: bound-designが手掛けたリビングです。
bound-design

木製サッシー内部よりー

bound-design

現代では、いくら家族が一緒に住んでいても、一緒に過ごす時間は限られてしまいます。またそのわずかな時間の中で家族の繋がりを感じることは決して簡単ではありません。そこで本住宅では家族の気配を感じられるようにして、その繋がりを感じられるようにしているのです。そして同時に心地良く暮らせるようにしているのです。

家族の繋がりを感じられる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!