柏の平屋 ねじれ屋根のせ: 千田建築設計が手掛けたリビングです。

開放感をキープしつつ空間を区切る!ガラスの建具を使った家5軒

Y.F Y.F
Loading admin actions …

建具は二つの空間を繋いで出入りしたり、遮断したりする役割があり、開放時には光を取り入れたり、風を取り込んだり、遮音やプライバシーなど様々な機能があります。今回ご紹介するのは光を通しながら、程よく空間を区切ってくれるガラスの建具を使った家5軒です。開放感がキープされた空間アイデアが満載ですので、ぜひ参考になさってください。

ガラス戸を通してサンルームから明るい光がさす開放的な家

柏の平屋 ねじれ屋根のせ: 千田建築設計が手掛けたリビングです。
千田建築設計

柏の平屋 ねじれ屋根のせ

千田建築設計

千田建築設計が手がけたのは、南面に大きな窓と縁側を設け、屋内と庭が一体化し広がりが感じられる開放的な住宅です。屋根の一部がガラス屋根でその下はサンルームとなっており、そのサンルームに面してLDKと洗面室が取り囲む間取りです。ガラスの建具により季節に合わせて効率良く快適に過ごせるようにプランニングされています。こちらの住宅は「将来を見据えた建替えとは?郊外住宅地に建つ平屋新築の住まい」で詳しく紹介されています。

ガラス戸を閉めれば新たな土間空間が生まれる家

桑原茂建築設計事務所が手がけたのは、雑木林によって敷地の日照が悪かったことから、豊かな緑と対峙させて広がり感と明るさを重視して建てられた住宅です。内部は空間を区切る「間仕切り壁」や「境界」が殆どなく開放的な印象です。土間・玄関・階段・LDKも連続しており、大きな吹抜けで1・2階が繋がっています。引き戸を閉めれば階段室と玄関が区切られ独特の土間空間が現れます。こちらの住宅は「家族が時間と空間を共有しながら暮らせる大らかな家」で詳しく紹介されています。

明るいリビングダイニングと廊下をつなぐガラス戸のある家

採光を考慮した廊下スペース: 合同会社negla設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。
合同会社negla設計室

採光を考慮した廊下スペース

合同会社negla設計室

合同会社NEGLA設計室が手がけたのは、西側に広がる田園風景と、それを紅く染めながらゆっくり沈んでゆく夕陽を借景に取り入れたプランニングで建てられたシンプルで無駄のない住宅です。桧の無垢床がナチュラルで温かみのある明るいリビングとダイニングスペースと、廊下スペースをガラス建具で仕切ることで、開放感のある空間が実現しています。こちらの住宅は「木素材が包む明るい住空間」で詳しく紹介されています。

外とのつながりを感じるバリアフリーの二世帯住宅

武藤圭太郎建築設計事務所が手がけたのは、住宅地に建てられた真っ白な外壁と直線的なデザインが印象的な、バリアフリーのモダンな二世帯住宅です。外観は閉鎖的なようにも感じられますが、内部にはサンルームが設置されていたり、日本庭園に面していたり外の世界が十分に取り込まれています。そして玄関ホールにはガラス張りの開口が設けられ、とても開放的な印象です。こちらの住宅は「庭との関わりを大切にした二世帯住宅」で詳しく紹介されています。

リビングと和室をつなぐモダンなガラス建具のある家

宝角建築アトリエが手がけたのは迫力のある大きな瓦屋根が特徴の二階建ての和風建築の住宅です。内部も天井、床、建具の雰囲気が統一されており、それぞれが落ち着いた雰囲気を演出しています。リビングと和室の間には床から天井まで太い格子と細い格子が組み合わさって造られたモダンなガラスの建具が設置されています。向こう側の空間が見えるため圧迫感は全くありません。こちらの住宅は「homify360°:-存在感ある瓦屋根の家「KAWARA」」で詳しく紹介されています。

ガラスの建具だと圧迫感がありませんね。ぜひコメントをお寄せください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!