見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

自分らしいインテリアのススメ

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

自分らしいインテリアってなんでしょうか。よそのお宅をお伺いすると、余計なものが一切置かれずすっきりしている家、キッチュなデコレーションがまるでおもちゃ箱のような可愛らしいお家、ビンテージスタイルの洗練された家など、インテリアのスタイルはもちろんそれぞれ違いますが、一つだけ共通点があります。それはその人らしさが表れていること。インテリアは単なる住まいのコーディネートでなく、その人の価値観や世界観、美的センスなどを端的に表しています。反対に言えば、インテリアで自分を演出することができるのです。

自分に似合う色を

ファッションの世界でもそうですが、第一印象で視覚的に受け取る情報は他のものよりも多く、とりわけ色は印象を左右する重要な要素となります。SHINYA YOSHIDA DESIGNによるこちらの花シリーズは、微妙な色合いのパステルカラーが印象的です。生けられたドライフラワーやクロシェ編みのような花瓶がとてもポエティックな趣を感じさせます。自分が好きな色は、無意識であっても、自分に似合う色と同じであることが多いですね。ですから、迷わずに自分の好きな色をインテリアに取り入れてみましょう。

素材で遊ぶ

インテリアにこだわるのなら、その一部である食器にもこだわりましょう。食器は塗りや焼き物、陶器、ガラスなど様々な素材がありますし、スタイルも色々なのでテーブルコーディネートの楽しみもあります。23N. からはこちらのお箸置き。ガラスにちりばめられた数字が遊び心満載の、楽しいお箸置きです。

愛着のあるアイテムをインテリアに取り入れる

母室・天井に母(白・黒)と娘(紅)の麻の葉紋様・着物を張る: 樹・中村昌平建築事務所が手掛けたアートです。
樹・中村昌平建築事務所

母室・天井に母(白・黒)と娘(紅)の麻の葉紋様・着物を張る

樹・中村昌平建築事務所

自分が毎日を過ごす部屋には、愛着のあるものを取り入れ、心地の良い空間にしたいですね。樹・中村昌平建築事務所が手がけたこちらのお住まいは、玄関ホールの壁と天井に洋金揉み紙が張られた大変煌びやかなもの。金色の玄関とはそれだけでも十分オリジナルなのですが、注目したいのはこちらの和室。天井のデザインが素敵ですね。これはお母様と娘さんの麻の葉文様の着物が張られているのだそうです。昨今では着物は着る機会が少なくなり、箪笥の肥やしとなっているご家庭も多いと思われますが、このように活用できると素晴らしいですね。

アートは?

時代帯アート: エドライフが手掛けたアートです。
エドライフ

時代帯アート

エドライフ

エドライフからはこちらの時代帯アート。帯も着物と同様、親からもらった大切なもので、使わないけれど処分できない、ということが多いですね。和服は染めや刺繍ははっとするほど美しく、本当に飾って毎日眺めたいほど。桐の板に飾り付けられ専用のアクリルケースで包み込まれた帯は、モダンなインテリアにもよく合いそうです。大切にしているものは仕舞い込むだけでなく、たまには取り出して愛でてあげてください。

あえてスタイルをミックス

誰だってインテリアには好きなスタイルが複数あるはず。基本的には洗練された北欧インテリアが好きだけれど、プリミティブなタイプのアジアンな家具にも惹かれるし、地中海スタイルのお部屋も素敵… など、好みは一つに絞れません。でも無理に一つに絞らなくてもいいのです。インテリアにおいては、色々なスタイルをミックスしたほうがオリジナリティが出るので、それだけ自分らしいインテリアが期待できます。例えばこちらのエクレクティックなリビングは、部屋自体を見ると天井の装飾などがクラシックなイメージですが、正面にかかっている鏡や左奥の扉の手前にある照明はどちらかといえばモダンな、そしてカーペットを挟んで設置されているのは北欧風の家具。向かって右側の壁に掛かっているお皿はカントリー風ですが、左側に置かれているテレビの台は、バリ風の家具ですね。大切な家具や思い入れのあるものを同じ部屋に並べようと思ったら、折衷になってしまうのは当然ですね。あえて色々なスタイルを取り入れて、自分らしいインテリアを楽しみましょう。

まずは小さな空間から

自分がトライしてみたいインテリアがあれば、ぜひ取り入れましょう。例えばカラフルな家にしたい!と思われている場合、いきなり家全体をカラフルにするのではなく、キッチンから始めるとか、比較的小さなスペースから始めていくと間違いがありません。その後全体のバランスを見て他の部屋をどうしたいか決めると良いでしょう。

「自分らしいインテリアのススメ」はいかがでしたか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!