東玉川の家: 向山建築設計事務所が手掛けたリビングです。

スキップフロアと光庭のある住宅

JUTO JUTO

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

決して広くはない敷地に、いかに開放的かつプライバシーを保てる住空間を実現するかは、都市居住者にとっての最大の課題ではないでしょうか?住宅は住む人間を表現するプライベートな要素をもつと同時に都市環境を形成するパブリックな存在でもあります。本日紹介するのは、ユニークな「顔」を持つ向山建築設計事務所による住宅です。

出窓のあるユニークなファサード

まず道路を歩いていたらその住宅のユニークな表情に惹き付けられるのでは? 白い箱型のミニマルな建物の壁一面に設けられた出窓がとても印象的です。建物をセットバックし、前面道路に面して縦列式の駐車場が確保されているせいか、周囲とほどよい距離感を保っています。さらに建物横に長めの玄関アプローチを確保することで、心理的に敷地の狭さを解消しています。
そして「はて、一体どこが床スラブ?」とその不思議なプロポーションについて疑問をもつ方もいらっしゃるかもしれません。それもそのはずこの家はスキップフロアで構成されているので、通常の2階建てではないのです。

スキップフロアで変化に富んだ空間づくり

1階部分に個室を配置しています。玄関を入って半階上がると床下収納を設けた子供部屋。手が届かない高い位置に窓をもってきて防犯を考慮したアイデアを取り入れています。階段下というのは収納スペースを確保するには非常に有効な空間です。最近はバリアフリーのため上がり框のある住宅が減ってきていますが、玄関エリアに段差があると靴を履く時にちょっと腰掛けたりできて便利ですね。是非取り入れたい工夫のひとつです。

螺旋状につながる部屋

さらに数段上がった踊り場的な空間を有効に利用したワークスペースが設けられています。造り付けのカウンターや棚がすっきりと袖壁に収まり、開放的でありながらも落ち着いた場所となっています。写真では見えないのですが、カウンターの前には小窓が付いており、採光も確保されたスペースとなっています。

多様な空間性

リビングとダイニングエリアを仕切るものは数段の階段のみ。あくまでもスキップフロアを中心に螺旋状に連続する住空間です。床面積は決してゆとりがあるとは言えないかもしれませんが、階段という装置により部屋ごとに外の景色の変化をもたらし、 住んでいる者に 空間の多様性を体験させてくれるような家です。

シンプルで統一性のあるインテリア

階段を含め、床にナチュラルな素材を選び、家具にも同様の色調を多く取り入れたりミニマルなデザインでコーディネートすることで、狭さを感じさせないシンプルな空間づくりが実現しました。連続した空気の流れる住宅ですが、白系の異なるデザインの照明を取り入れて空間用途をうまく使い分けています。

光庭がもたらすもの

最上階はひときわ明るい連続窓のあるダイニングキッチン。窓下の腰壁は十分な奥行をもっているため、用途の幅が広がります。暖かい日射しが差し込む日には腰をかけてひなたぼっこもいいかもしれまんね。連続する窓と白でまとめられたキッチンが部屋の奥行を強調し、広々とした空間を演出しています。

2階の中心にはひな段のある光庭が配置され、階全体に十分な光が差し込みます。この光庭は囲まれた空間なので、気にせず洗濯物を干したりすることも可能。家族の集まる空間を日の当たる2階に配置するというアイデアは今後さらに採用されるでしょう。多くの時間を過ごす家族団らんの場だからこそ、プライバシーを確保しながら採光を十分に確保するのは理にかなっていますね。

【スキップフロアについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ スキップフロアの知っておきたいメリット・デメリットまとめ

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

スキップフロアが作り出す連続した空間、いかがでしょうか?是非コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!