二人用のベッド。ダブルにする?ツインにする?

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

二人用のベッド。ダブルにする?ツインにする?

Aya F. Aya F.
The House supplies a monotonous street with a passing view: Kenji Yanagawa Architect and Associatesが手掛けた寝室です。
Loading admin actions …

ベッドは、住宅環境の変化に伴い、日本人の家にも欠かせない家具となりつつあります。とはいえ、布団とは違い、常に大きなスペースを占める家具。住まいの広さによってもどんな家具を選ぶのがよいか、悩むところですよね。今回は二人用のベッド選びをテーマとして、ダブル、ツインなどニーズに合わせて考えます。ダブルの良さ、ツインの強みについてもご紹介していきます。意外な発見も、あるかもしれません?!

ダブルベッドのサイズはシングル2つ分じゃない!

The Cotswold Companyが手掛けた寝室
The Cotswold Company

Oakland 4ft 6 Double Bed

The Cotswold Company

ダブルベッドと聞くと、シングルサイズ2つ分と思われるかもしれませんが、実際はそれよりもずっとコンパクト。日本のメーカーでは普通のシングルは90から100センチの幅が出回っていますが、ダブルは140センチくらい。二人用ではありますが、寝る人の体格によっては、この幅では狭く感じてしまうこともあるかもしれません。置く場所のスペースも考慮に入れたいところですが、やはり寝心地は大切。購入時には、実際に二人で寝転んでみて決めたいですね。

それぞれのスペースを確保

内と外をつなぐ平屋の家: ELD INTERIOR PRODUCTSが手掛けた寝室です。
ELD INTERIOR PRODUCTS

内と外をつなぐ平屋の家

ELD INTERIOR PRODUCTS

人生の三分の一は睡眠と言われるほど、睡眠は大切な時間。日々の疲れやストレスも、睡眠の質によって回復の度合いが変わってきます。ご夫婦で生活のサイクルに多少ずれが生じている場合では、一つのベッドにすると、相手の動きによってゆっくり休めないということもありえます。その場合は、やはりそれぞれのスペースが確保できるような家具選びが大切になりそうです。こちらの寝室では、大人用と子供用のベッドが3つ並んでいます。ゆっくり休めつつも、子どもの様子がわかるため、安心ですね。

広い寝室なら幅広シングルを並べても。

 吹抜け螺旋階段の家: 遊友建築工房が手掛けた寝室です。
遊友建築工房

吹抜け螺旋階段の家

遊友建築工房

とにかくゆったり眠りたい!寝室も広々と確保されている!という場合には、シングルまたはセミダブルサイズのものを並べて置くのも一つの手。こちらは兵庫県の建設会社・遊友建築工房の手がけたお宅の寝室です。真っ白の壁に横長に開いた窓はとても開放的。お部屋の形も多角形でミニマルながらも個性が感じられます。同じデザインのベッドを選ぶことで、お部屋にも統一感が出て、段差もできないため、使いやすそうですね。

サイズの異なるもの

The House supplies a monotonous street with a passing view: Kenji Yanagawa Architect and Associatesが手掛けた寝室です。
Kenji Yanagawa Architect and Associates

The House supplies a monotonous street with a passing view

Kenji Yanagawa Architect and Associates

ちょっと変わったアイデアとしてご紹介したいのがこちらの寝室。サイズの異なるベッドを並べて利用している例です。右側がコンパクトなシングル、左がセミダブルでしょうか。体の大きさやマットレスの硬さの好みも異なる場合には、こちらのように、お好みの仕様の家具を並べて使うのがよさそうです。その場合には、マットレスの高さが同じになるように工夫するように気を付けたいですね。お部屋の幅から考えると、このサイズ感は絶妙!

幅の狭いものもくっつけると広々

寝相が悪い人や飼っている犬や猫と一緒に寝たいという方にとっては、一人用のサイズでは狭すぎる、ということも多いのではないでしょうか。こちらの広々とした寝室では、幅広のベッドを二つ並べ、ダブルサイズとしてレイアウトしています。側面を壁に接する形で配置していますが、この場合、足元から這い上がってこなければならなくなるため、特別な理由がなければ、両サイドから上り下りができるようにしておくと便利でしょう。

しっかり眠りたいならツインで間隔を

ご夫婦やパートナーと暮らしている場合、ダブルサイズが選ばれることは多いかもしれませんが、起きる時間帯が違ったり、いびきがうるさいなどの問題があったりする場合、寝室をツインルームとしてレイアウトするのがよさそうです。その場合、家具二つ分に加えて、通路も必要になるため、ダブルを一つ置くよりも広いスペースが必要となります。通路や間隔を狭くとると、動線がうまくいかずに転倒して怪我をすることもありうるので、レイアウトはしっかり考えて行いたいですね。

▶homifyで建築家を探してみませんか?募集ページで理想の建築家を見つけましょう!◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※  


取り入れてみたいアイデア、見つかりましたか?ご意見ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!