プライバシーを守る心地良い家「八代の住処」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家の外観は住まいにとって大きな特徴となります。ただし時には家の中の印象が外観とは違い大きな驚きを与えるものがあるでしょう。今回紹介したいのは、そんな外観と内部の印象が大きく異なる家です。このような住まいを手がけたのは岩瀬隆広建築設計。建てられた家「八代の住処」では、ただ驚きを与えるだけでなく、心地良い暮らしを可能にしています。

住宅地に建つ家

今回家が建てられたのは熊本県の八代市。敷地は市内の閑静な住宅地にあります。敷地の横にあるのは道路。それ以外は隣家に囲まれるため、家の中を通りや隣家から見られてしまう可能性がありました。そこで家の設計を依頼したクライアントが求めたのはプライバシーが守れ、同時に心地良い暮らしを送れる家。このような要望に応えて本住宅が建てられることになりました。

堅牢なイメージを感じさせる家

八代市にはお城の跡があり、美しい石垣が残されています。そのため本住宅は城郭のある街に建てられることを考えて、堅牢なイメージを持たせて建てられています。このような建物の外壁を覆うのは濃い茶色の木材。プライバシーを考えて外壁の上に窓があまり取り付けられていないため、その堅牢なイメージを強く感じさせてくれるでしょう。その重厚な家のたたずまいは人目を強く引き付けるものになっています。

明るさや心地良さを感じさせる内部空間

堅牢なイメージを持たされ、プライバシーを守ることを考えた家ですが、その内部は決して堅牢なものではありません。それどころか安らぎを感じることができるでしょう。そのような感覚をもたらすのは天井の高い吹き抜け。高さがあるため圧迫感を感じさせることはありません。また外壁とは対照的な白色の壁、そして薄茶色のフローリングは、明るさや心地良さを感じさせてくれるでしょう。

中庭を通じて光や風を取り込む

このような家で忘れていけないのは中庭の存在。家は中庭を囲む形で建てられています。通り側には窓がほとんどありませんが中庭側には多く窓を設けています。外から見えない中庭になっているので外からの視線を気にする必要はありません。また窓を開ければ、中庭を通じて太陽の光や外の風を家の中に取り込むことができます。そのため広がりのある空間を一層心地良いものとなるのです。

プライバシーを守る心地良い家

本住宅はクライアントの求めに応えて、プライバシーを確保して、それだけなく明るく風通しの良い空間になっています。城を意識した堅牢な外観は外からの視線を跳ね返しますが、家の中は明るく風通しの良い空間を生み出して、住まいの空間を演出してくれるのです。このような家では印象の異なる外観と内部空間が、心地良い生活を可能にしてくれるのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!