TOHKOU HOUSE: 松岡健治一級建築士事務所が手掛けた庭です。

homify360°:中庭が生み出す心地良さ「TOHKOU HOUSE」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

庭と言えば、家の前に設けられたものを思い浮かべる人が多いでしょう。ですが最近では家の内側に庭を設けた中庭のある家が多く建てられるようになりました。今回紹介したいのはそんな中庭のある家です。それを手がけたのは松岡健治一級建築士事務所。建てられた家「TOHKOU HOUSE」では中庭を活かして、開放的な空間を生み出しています。

閑静な住宅地に建つ家

家が建てられたのは福岡県の嘉麻市。敷地は閑静な住宅街の中にあります。このような敷地で感じられるのは自然の身近さ。敷地からは美しい風景を作り出す山々を眺めることができ、恵まれた環境になっています。もちろん、そんな環境を住まいに活かさない手はありません。そこで自然に包まれるような心地良い空間を楽しむことができる家が考えられました。

プライバシーを守る家

家は2階建ての建物になっています。その外観は住宅地の中では印象的なものに見えるでしょう。建物は前側の部分が低く、後ろ側の部分が高くなった形をしています。前面部分には窓などはなく、木の板の外壁しか見ることができません。そのため木の茶色を活かしたとてもシンプルな家に見えます。このような外観から、家の中の様子を見ることができないプライバシーを守る家と言えるでしょう。

広々とした空間

建物の内部にあるのは広々とした空間。一部の天井が高くなっており、そこは吹き抜けになっています。このような家の中は壁で細かく仕切られていません。1階からは吹き抜け越しに2階の様子を見ることができます。そのため家の中では常に家族の気配を感じることができます。そのため家の中で家族の姿を見れなくても、家族の繋がりを感じることができるのです。

明るさと風通しの良さを生み出す中庭

このような家で大きな特徴となっているのは中庭。それは家の中に作られており、外壁と建物に挟まれた場所になっています。そんな中庭が果たすのは心地良さを生み出す役割。本住宅は窓が少なく外壁に囲まれた家になっています。通常であれば壁は圧迫感を生み出しますが、ここではそれを感じることはありません。中庭は屋根が無いため太陽の光や風を家の中にもたらします。そのため明るく風通しの良い空間となり、心地良さを感じさせてくれるのです。

中庭が生み出す心地良さ

庭というと多くの人が家の前などに作られたものを思い浮かべるかもしれません。ですが、それは家の中を見えるようにしてしまいプライバシーを守れなくなってしまいます。また防犯のことも考える必要があるでしょう。ですが中庭であれば、防犯やプライバシーについて悩む必要はありません。もちろんそれは太陽の光や風を家にもたらしてくれます。本住宅は、心地良い空間でそんな中庭の果たす大きな役割を実感させてくれるでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!