自然との共存:既存の樹木を生かした家5軒!

Y. Y. Y. Y.
久留米の家, ろく設計室 ろく設計室 クラシカルな 家
Loading admin actions …

生活環境が、緑に囲まれていると素敵ですね。ベランダや庭に花や木を植えるのも良いですが、元々そこにあった木々を生かせればそれに越したことはありません。樹齢が数十年にもなる大きな木々は四季折々の姿を見せ、生活空間をより豊かなものにしてくれることでしょう。今回の記事でご紹介したいのは、既存の樹木を生かした家。瑞々しい緑が心地よい住まいを演出するのに一役も二役も買ってくれています。

大銀杏の家

HAN環境・建築設計事務所が手がけたこちらのお住まいは、世田谷区に位置します。都内とはいえ、古くからの武蔵野の面影を残す土地で、写真で見てもわかるように緑豊かな環境ですね。敷地内には15mを超える銀杏の巨木が立っているそう。その豊かな環境を残していくために、既存の樹木を生かしたプロジェクトは、「自然の空調装置」をテーマにすすめられ、例えば樹木による冷気生成、採風・日射の制御などが具体的に取り入れられています。それによって冷房エネルギーも抑えられるので、エコロジカルでエコノミカルな住居ですね。こちらは、「豊かな環境を活かし次世代へ残してゆくために」で詳細をご紹介しています。

家族とともに育ったけやき

ろく設計室が手掛けたこちらの住まいは、クライアントの実家のお庭に建てられたもの。そこには家族とともに育った1本のけやきの木があり、新しく建てられた家は、その気に寄り添うように計画されています。大切にされてきたけやきは、木陰を作ってくれたり、近隣の視線を遮りプライバシーの保護に役立ってくれたりと、重要な役割を果たしています。庭に面する濡れ縁のすぐ横に木があるので、とっても身近な存在です。こちらは、「庭の大きな木を活かす「木」もちいい家」で詳細をご紹介しています。

緑に包まれた別荘

アトリエ137一級建築士事務所が手掛けたこちらのプロジェクトは、軽井沢の別荘。軽井沢といえば、生い茂る緑のために、空気が良く夏でも涼しいイメーシですね。モダンな佇まいがエレガントなこちらの別荘も、そんな期待を裏切りません。写真は二階ののリビングに設けられたバルコニーの様子。瑞々しい緑がすぐそこまで迫っています。室内からガラスの大開口を通して望む景色もさぞかし素晴らしいことでしょう。こちらは、「高木の木々、森林浴を100%堪能する別荘!」で詳細をご紹介しています。森林浴を楽しめるお風呂や、生い茂る緑に囲まれたウッドデッキも必見ですよ。

保存樹が主役

建築家遠藤誠氏が手がけたこちらのお住まいは、年配のご夫婦のためのもの。世田谷の一等地であるにも関わらず緑が豊かな敷地だったため、「いかにこの既存樹木や場の持つ雰囲気を継承しながら、落ち着いた棲家をつくることができるのか」が重視されました。そこから生まれたのが、3 つの庭をもつコートハウス。まさに既存の樹木が主役の家というわけです。こうして生かされた保存樹は、リビングの至る所から眺めることができ、自然を取り込んだ暮らしが満喫できます。こちらは「保存樹と共存する終の棲家」で詳細をご紹介しています。

果樹園の住まい

原 空間工作所が手掛けたのは、こちらのお住まい。一回がピロティで宙に浮かんでいるような印象を与える建物ですが、その理由は敷地環境にあります。実はこちら、果樹園の中に建てられたもの。果樹園の湿気の多い環境に合わせ、湿気を排除し涼風を取り入れやすい高床式のフォルムが用いられました。果樹園の中で生活するなんて、ポエティックですね!外装はオリジナルなスタイルですが、室内には古き良き日本の田舎の民家をイメージした空間が広がります。こちらの住宅は、「空に浮かんでいるみたい!果樹園の中にある3階建ての住まい」で詳しくご紹介しています。

撮影:松本保

▶homifyで建築家を探してみませんか?◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※ 

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 


この記事について感じることはありますか?コメントをお待ちしています。

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

注目の特集記事