空いているスペースの使い道は?

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

家の中をよーく見回してみると、案外使っていないスペースってあるものです。広い家に住んでいる方はともかく一般的な住宅に住んでいる人たちにとっては、空いているスペースを少しも無駄にしないで活用させたいところです。でも、ただ使うのではなくインテリアとしてもプラスの効果があるように活用するにはどうしたらいいのでしょうか?

読書コーナー

Estúdio 102が手掛けたリビング
Estúdio 102

Sala de estar

Estúdio 102

みなさんはリビングルームの角のスペースをどのように使っていますか?大きなものが置けない部屋の角ですが、ゴミ箱や観葉植物の指定席にしておくのはもったいないですね。そこでお勧めしたいのは読書スペースとして使うこと。写真のようにおしゃれな椅子と上質なスタンドライトを配置してみましょう。さらにそこだけ違うラグを敷けば視覚的にも他の部分と差別化ができます。小さくても居心地の良いコーナーは、たとえ大きなリビングルームがあるお宅でも取り合いになるほど家族のお気に入りの場所になるかもしれません。

ランドリーコーナー

日本の住環境では、外に洗濯物が干せない、または干したくないというのが現状です。しかし、洗濯物を干す場所を家の中に確保するのも簡単ではありません。しかも、渇きの悪い洗濯ものをどうやって早く乾かすことができるのでしょうか?そこで家の中の一番日当たりの良い場所である窓際を活用してみませんか。窓際は大抵観葉植物や小物などが飾られているだけでなかなか活用する機会がありません。でも、壁にワイヤーを取り付けるだけで簡単にランドリースペースができます。ハンガーを窓枠に掛けていた方もこれならもっと多くのものが掛けられますね。

ホームオフィス

2階パソコンスペース: nano Architectsが手掛けた書斎です。
nano Architects

2階パソコンスペース

nano Architects

ホームオフィスとまではいわないけれど、パソコンが一台置ける場所が欲しいと思っている方、家の中にどこか空いているスペースはありませんか?幅60cm、奥行き45cm程のスペースがあれば棚板一枚取り付けるだけで十分機能するコーナーができます。そして、散らかりそうなステーショナリーや紙類は箱もしくはかごを用意してその中に片づけておきましょう。そうすれば小さくても自分だけのミニホームオフィスのコーナーがいつも快適に保てます。写真はNANO ARCHITECTSが設計を手掛けた木造2階建て住宅です。無駄なく計画された内部は遊び感覚も取り入れた開放的な空間になっています。

インドアガーデン

階段の下は立つと頭がぶつかる高さのうえ斜めになっていることが多いので、空いているスペースをやむなく収納場所として使っている方は多いのではないでしょうか?造り付けの収納家具を作って活用するのもいいですが、短所は空間としての奥行きがなくなるところです。そこでお勧めしたいのはインドアガーデンとして使う方法。家のいろいろなところにある小さな観葉植物も、一つのところにまとめて置けば手入れもしやすくなりますし、見た目のインパクトも大きく変わります。さらに小さなライトやキャンドルで演出すれば、素敵な癒しのコーナーが出来上がります。

自転車置き場

たとえ庭があるお宅でも高価なマウンテンバイクや大事な自転車は外に放置したくないですね。しかもマンションなどでは自転車を置く場所が確保されていないこともあるそうです。そんな大好きな自転車のために空いているスペースを活用するのはいかがでしょうか?写真のように玄関先にポールをたてて高さを利用する方法であれば狭いスペースでもスッキリ納まります。いつもそばに置いておきたい趣味の品々は、インテリアの一部としても活用できる嬉しいアイテムです。

ちょっと一休み

こちらも階段の下を活用した例です。出掛ける前家族を待ったり、掃除の途中でひと休みしたり、小さくてもいいのでどこか空いているスペースに座る場所があると便利ですね。家族の多いご家庭ではなかなか一人になれる場所もないので、時にはこんなベンチで一人リラックスするのもいいかもしれません。

空いているスペースの使い道は見つかりましたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!