見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

住宅地でもプライベートな屋外空間を実現-ルーフテラスのある家

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

典型的な日本の住宅街に家を建てる場合、隣家との距離が極めて狭いため、まずはプライバシーの確保が念頭に置かれることが多いと思います。ただそれだけでは内に閉じた暗い空間になり兼ねません。今回ご紹介するこちらの住宅では、そのような立地においても、高さをうまく利用し、プライバシーに配慮しながらも明るい空間が広がっています。アトリエ24一級建築士事務所が手掛けたこの住まいは、中に入るとそこが住宅街の一角であることを忘れてしまうような明るく広々としたお家です。では詳しく見て行きましょう。

​シンプル、でも個性的

真間の家 陽光溢れる階上にリビングダイニングとルーフテラスがある住まい: アトリエ24一級建築士事務所が手掛けた家です。
アトリエ24一級建築士事務所

真間の家 陽光溢れる階上にリビングダイニングとルーフテラスがある住まい

アトリエ24一級建築士事務所

シンプルでモダンながら、周辺の建物とは一線を画す外観デザイン。道路に面して大きく開かれたガレージと、3階部分にあたる三角形がこの家の目印とも言えるでしょう。プライバシーに配慮して、外壁には最小限の開口しか設けられていませんが、夕刻に漏れる内部からの光が印象的です。

​とにかく明るく開放的!家族が集うLDK

真間の家 陽光溢れる階上にリビングダイニングとルーフテラスがある住まい: アトリエ24一級建築士事務所が手掛けた家です。
アトリエ24一級建築士事務所

真間の家 陽光溢れる階上にリビングダイニングとルーフテラスがある住まい

アトリエ24一級建築士事務所

この家のメインの空間ともいえるのがこちらのLDKスペース。周辺環境を考慮してこの空間は2階に計画されました。さらにその横には広々とした、なおかつプライベートな屋外空間であるルーフテラスがしつらえられています。窓を開ければこの二つの空間は一体化し、さらに広いスペースが確保できます。またキッチンの上はロフト、その横は吹き抜けになっており、上部の大きく開けられた開口からも目いっぱい自然光を取り込むことができます。「家族みんなでリビングダイニングで過ごしたい」「プライバシーを確保しながら天井が高く、明るく開放感のあるリビングダイニングしたい」というクライアントからの要望が理想的に体現されています。

​秘密基地のような趣味室

真間の家 陽光溢れる階上にリビングダイニングとルーフテラスがある住まい: アトリエ24一級建築士事務所が手掛けた和室です。
アトリエ24一級建築士事務所

真間の家 陽光溢れる階上にリビングダイニングとルーフテラスがある住まい

アトリエ24一級建築士事務所

「秘密基地のような、コンパクトで機能的な趣味室が欲しい」そんなクライアントのもう一つの要望をかなえるべく用意されたのがこちらの趣味室です。屋根勾配の下部分をうまく生かして設計されたこちらのスペースも、全面に設けられた開口と温かみある木素材のインテリアによってとても明るい空間となっています。2階のLDKスペースとの空間的つながりをもたせつつ、高低差によってある一定のプライバシーも保たれています。趣味の合間に手すりから下を覗いて他の家族とコミュニケーションをとる、なんてことも可能です。

​ルーフテラスは第二のリビング

真間の家 陽光溢れる階上にリビングダイニングとルーフテラスがある住まい: アトリエ24一級建築士事務所が手掛けたテラス・ベランダです。
アトリエ24一級建築士事務所

真間の家 陽光溢れる階上にリビングダイニングとルーフテラスがある住まい

アトリエ24一級建築士事務所

こちらはLDKスペース横のルーフテラス。建築家がこのスペースを「アウトドア・リビング」と呼ぶように、まさに第二のリビングスペースといえるでしょう。これだけの広さがあれば、家族の団らんはもちろん、友人を呼んでのバーベキュー、ホームパーティにもうってつけの空間ですよね。2階の天井位置まで外壁で囲われていますから、プライバシー確保の面からも申し分なしです。

​露天感覚で味わう入浴時間

真間の家 陽光溢れる階上にリビングダイニングとルーフテラスがある住まい: アトリエ24一級建築士事務所が手掛けた浴室です。
アトリエ24一級建築士事務所

真間の家 陽光溢れる階上にリビングダイニングとルーフテラスがある住まい

アトリエ24一級建築士事務所

最後にご紹介するのが浴室です。このスペースに関するクライアントの要望は「露天感覚の明るく開放的で、涼みに外部に出られるような浴室にして欲しい」というもの。これにに応える形で実現したこちらの浴室は、開放感がありながらも外部からの視線を気にせず入浴時間を思う存分満喫できるよう設計されています。また、明るい色でシンプルかつ機能的にまとめられた空間は、とても清潔感があります。

住宅地にあっても、プライベートな屋外空間を味わうことのできるこちらの住まい、素敵ですよね?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!