中庭: 空間建築-傳 一級建築士事務所が手掛けた庭です。

広々とした中庭を持つ平屋建ての家

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

平屋建ての家に中庭を持つ・・・そんな贅沢な空間の使い方にあこがれたことのある人も少なくなはず。今回ご紹介するのは、120坪弱の敷地に建てられた木造平屋建ての住宅。空間建築-傳 一級建築士事務所が手掛けたこちらのお家は、広々とした中庭と、シンプルでモダンなデザインが特徴的です。中庭を中心に配置された各スペースには十分な光が届き、明るく開放感のある空間となっています。それでは詳しく見ていきましょう。

落ち着いた印象のシンプルな外観

建物全体は平屋、陸屋根で全体的に低く抑えられ、水平線が強調されたシンプルでモダンなデザインです。白い外壁がリズムよく中断され、そこに玄関ポーチや木造壁によってアクセントが加えられています。道路側に位置するこの面には玄関部分以外には開口が一切設けられておらず、すっきりとした印象を与えるとともに、プライバシーの確保も考えられています。

​淡い光が足元を照らす玄関

こちらは玄関部分です。真っ白な内壁に明るい色味の木素材と薄緑色の大谷石の床材がマッチし、ナチュラルで優しい印象の空間となっています。窓はこのようにあえて低い位置に設けることで、淡い光が足元をふわっと照らすような効果を得ることができます。優しく差し込む陽の光が空間に柔らかく陰影をもたらし、落ち着いた空間を演出しています。

​工夫がいっぱい。中庭に開かれた明るいリビング-ダイニング-キッチン

広々とした中庭に面したLDKスペースは、反対側にも全面に窓が設けられており、とても明るい空間となっています。インテリアは、キッチンとダイニングテーブルに同素材が用いられるなど、色、素材ともにバランスよくまとめられています。また窓際に設けられたワーキングスペースは、ちょっとした作業をするのにとても便利です。料理しながら子供たちが宿題をするのを見守る、なんていうシチュエーションも可能ですね。こんなワーキングスペースなら目の前に広がる景色を楽しみながら気持ちよく作業できるのではないでしょうか。この他にも中庭側には縁側が設けられており、素足ですぐに外に出ることができます。晴れた日の休日にここでお茶をしたり、読書したり・・・想像するだけでもワクワクしますね。

​「半外部的」リラックス空間

こちらはLDKスペースから続く中庭の様子です。先ほどご紹介した縁側部分がかなりゆったりと確保されているのがおわかりになるとおもいます。さらに奥にはLDKスペースから一段下がった高さに土間のようなスペースがあり、半外部空間のような楽しみ方ができるように設計されています。写真にあるように、ハンモックを吊り下げたり、椅子を置いたりして、思い思いのリラックススペースをデザインすることができます。

​光庭を楽しめる洗面室

洗面室の前面はガラス張りになっており、気持ちの良い光が差し込んでくるとともに、外の光庭の眺めを楽しむことができるようになっています。洗面台、鏡ともにミニマルでシンプルなものが用いられ、モダンな印象です。全体的に白を基調とした清潔感のある空間ですが、内壁に用いられた丸型のモザイクタイルが空間にちょっとした遊び心を加えています。

広々とした中庭を持つ平屋建ての家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!