猫と暮らす中庭のある家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けたリビングです。

ウッドデッキの中庭が快適!猫と暮らす家

K.Yokoyama K.Yokoyama

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

現代社会において人に癒しを与えてくれるペットは、飼い主にとって立派な家族の一員。ペットと人間が共に快適に過ごせる住まいとは、どんなものなのでしょうか?今回ご紹介するのは、東京を拠点に活動する設計事務所アーキプレイスによって作られた「猫と暮らす中庭のある家」。さっそく見てみましょう!

落ち着いたデザインのファサード

住まいは、中庭を囲う様にコの字型をした2階建てで、中庭は東側にある空き地に面しています。こちら北方向の道路側から見た住まいは、直線的なデザインが美しいシックな外観。住宅の窓は控えめな大きさになっており、普段家族が生活の中で通行人の視線を感じることはなく、また、西日にさらされる心配もそれほどありません。右側には駐車スペース、奥には玄関ポーチが見えます。

光が降り注ぐLDK

採光と風の通りは普通の住まいだけでなく、猫と暮らす家にとっても重要。LDKのダイニングスペースは2層の吹き抜け構造で、開放感があります。上に高窓を、壁側と中庭側にも大きく開口を取ることで、たっぷりと自然光が差し込み、猫は室内でも気持ち良く過ごせそう。ウッドデッキの中庭をはさんで反対側に見えるのが、バスルームや洗面所などの水廻り。バスルームには中庭に面して窓があるので、入浴中に中庭を眺めながらゆったりとくつろぐことも出来ます。

猫も満足!ウッドデッキの中庭

ウッドデッキが敷かれた中庭。シンボルツリーがアクセントになっています。日当たりも十分で、猫もここでの日向ぼっこが日課となることでしょう。このウッドデッキの中庭は、1階の部屋と同じ高さに作られているため、室内と自然につながっているかのよう。段差がないため、人も猫もストレスなく室内と中庭を自由に行き来が可能です。猫と暮らす家にとって、このように屋外で猫もリラックスできるスペースがあることは大切。またこの中庭は、木製の高い塀によって囲まれているので、気まぐれな猫が外や隣家に逃げ出す心配もありません。中庭からダイニングを通って、対面型キッチンの後方にチラリと見えるブルーの壁部分が、趣味用の部屋となっています。

はしごを登って秘密の小部屋へ

キッチンに隣接するパントリーからはしごを登ると、半階上がったロフトのような細長い小部屋へと続きます。これは奥様の趣味用の部屋だそうで、壁はさわやかなブルーに塗られています。奥には窓があり、狭い空間にも明るい光が差し込みます。右奥に見えるのは、キッチンを通って中庭や反対側の部屋まで見渡せる開口部。この部屋にこもっていても、家族の気配を感じることが可能です。

落ち着いたリビング

リビングスペースには、暗めの色で落ち着いた風合いのテレビ台と作り付け棚を設置。これだけスペースがあれば、本やDVD等を収納したり、家族の思い思いのものを飾ったりと自由自在ですね。ソファに腰かけ猫を撫でながらここで一緒にテレビ鑑賞、という猫と暮らす家ならではのくつろぎ方はいかがでしょう?正面向かって壁の向こう側は、キッチンに隣接しているパントリーになっています。

少しモダンな和の寝室

2階の寝室は少しモダンな和室。縁のないシンプルな畳が美しく敷かれ、ぐっすりと眠れるように落ち着いた雰囲気です。壁面をくぼませて作られた空間ニッチは、飾り棚やテレビを置く台として利用できそうです。奥には小さなバルコニーがあり、晴れた日はここで布団を干すことも。バルコニーから下を見下ろすと、ウッドデッキの中庭でくつろぐ猫が見えるかもしれませんね。

猫と暮らす家はいかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!