母屋はもういらない?機能的&快適な小さな別棟

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

自分専用のホームオフィスやスタジオが欲しい、家が手狭になった、ゲスト専用の別棟が必要だ… そんな方々にぴったりな”小さな別棟”を今回は紹介します。手掛けたのはロンドンを拠点に活動するBlankstoneです。コンパクトな空間にぎゅっと詰められた機能と高い実用性、そして居心地の良さで、あなたはもう母屋を必要としなくなるかも?

外観

Blankstoneが手掛けたガレージ
Blankstone

Garden annex

Blankstone

こちらが外観。外壁に使用された細い木材パネルの質感と豊かな色彩が印象的な小さな住居です。母屋とは別の追加の住居スペースとしての建物ですが、単に”小屋”と呼ぶにはあまりにも立派です!十分に取られた開口部のフレームと屋根の色を統一して、自然と馴染む落ち着きのある佇まいとなっています。太めのラインが頑丈で安全な印象も抱かせますね。どんなスタイルの庭に設置しても違和感の無いラスティックかつモダンな魅力があります。

美しい仕上げ

Blankstoneが手掛けたガレージ
Blankstone

Garden annex

Blankstone

近くで見てみるとこの建物の仕上げの美しさがよく分かります。細部までこだわって造られており、サイズが小さいというだけで一般住宅と比べても遜色ありません。蜂蜜色の木材パネルがとても温かで穏やかな表情ですね。庭とつながったウッドデッキから室内に入るというのも、とても友好的かつ別棟ならではの気軽さやオープンさを感じます。

明るい室内

Blankstoneが手掛けたガレージ
Blankstone

Garden annex

Blankstone

こちらが室内。なんとキッチン、バスルーム、ベッドや書斎まである完璧なワンルーム住宅です!造作家具は合板を使用してコストを抑えつつ、シンプル&クリーンなデザインで万人に好かれる室内空間となっています。右手に位置するボックス内部がバスルーム。正面外観で見た開口部以外にも各方向にスリット状の開口や天窓があり、さんさんと自然光が差し込む明るい室内です。

スペースの有効活用

Blankstoneが手掛けたガレージ
Blankstone

Garden annex

Blankstone

決して大きくはないこの別棟ですが、スペースを有効活用するためミリ単位で計算されたデザインとなっています。右手に見えるのは大容量のクローゼット、その手前に設置された梯子を上るとなんとロフトがあります。鮮やな黄色い椅子&オットマンは空間のアイキャッチ。この写真をよく見ると気になるのがベッド。居心地良く快適に眠ることができそうなゆったりとしたサイズですが、ユニークなデザインだと思いませんか?その秘密は次の写真で!

2way家具でより広々

Blankstoneが手掛けたガレージ
Blankstone

Garden annex

Blankstone

あれ?ベッドがありません!実はこれ、ベッドとソファという二つの機能を持った2way家具だったのです。折り畳めばこのように北欧スタイルの長椅子に変身します。よくあるソファベッドとは異なり、ソファとして使用する時はちゃんとソファとしてのデザインの美しさや魅力を感じることができる家具を使用しているところが憎いですね。建物のくぼみにすっぽりと納まり、より広々とした室内空間となりました。友人もたくさん呼べそうです。

書斎

Blankstoneが手掛けたガレージ
Blankstone

Garden annex

Blankstone

この別棟にはさらに書斎まで用意されています。窓際の最高に陽当たりの良い場所にスリムなデザインのデスクを置いて、美しく整えられた庭を眺めながらリラックスして作業に集中できる素晴らしい書斎です。自営業の方はクライアントとミーティングする場に使用してもいいですし、独り作品作りに集中したいアーティストの方にもぴったりな別棟です。この別棟があれば最早母屋はいらないのじゃないか… とすら思えてきてしまう魅力的な一軒でした。

住んでみたいと思ったのはあなただけではないはずです!ぜひ感想を教えて下さいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!