見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

homify360°:気持ちの良い空間を生み出すパティオ「白い家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

パティオという言葉を聞いたことがあるでしょうか?それはスペイン語で中庭の意味を持ち、建物に囲まれた空間で、最近になって多くの家に取り入れられるようになってきました。今回紹介するのも、そんなパティオを設けた家です。それを手がけたのは水野行偉建築設計事務所。建てられた「白い家」では、パティオで明るく開放的な空間を作り出しています。

パティオのある家

今回家が建てられたのは富山県の高岡市。家は古くからの住宅地に建てられました。今回設計を依頼したクライアントは家について要望を持っていました。それはパティオを設けること。建築家はそれに応えた家を建てています。ただし、それは普通のものではありません。ここでパティオは生活に大きな影響を与える重要な役割を果たしています。

シンプルだけれど印象的な外観

建てられたのは2階建ての家。その外観は住宅地ではとりわけ目立つでしょう。付けられた名前のとおり、家の外壁は白色で統一されています。家の大きな特徴となるのは三角の屋根。ただし外観ではそれ以外に目に付くようなものはありません。そのため一層建物のシンプルさが際立っています。そしてシンプルであっても一度見たら忘れないような強い印象を作り出しているのです。

2階の設けられたパティオ

家の中に広がるのは明るく気持ちの良い空間。その明るさを生み出すのはクライアントが求めていたパティオです。パティオがあるのは2階の中心部分。そこはガラスや戸で他の空間と仕切られています。そんな場所にあるのは多くの天窓や窓。そのため雨風が吹き込むことを気にせず窓を開けて光を取り入れることができます。それはまさに屋内にある庭として圧倒的な開放感を感じさせてくれるでしょう。

機能を考えた家の構成

家の構造はパティオの機能を中心に考えたものになっています。1階にあるのはベッドルームなど。2階にはリビングルーム、ダイニングルーム、キッチンなどがあります。2階はガラスで仕切られたパティオを除けば繋げられた空間になっており、家族が集える場所になっています。パティオから射し込む光は、そんな空間を気持ちの良いものに演出してくれるでしょう。一方1階はベッドルームとなっており、夜にそれぞれが落ち着いて過ごす場所になります。2階には公共的な機能、そして1階は個人的な機能のように空間の機能が与えられているのです。

心地良く暮らせる家

家族が集い一緒に時間を過ごすには落ち着ける空間が必要です。そんな場所には広がりや明るさが必要でしょう。そこで2階にはパティオが設けられ、そして各部屋が繋がる形になっています。外観で感じられるようにとてもシンプルな空間ですが、部屋の繋がりやパティオがもたらす明るさによって、ここでは家族が心地良く暮らせるようになっているのです。

パティオのある家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!