見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

homify360°:プライバシーを守る明るい家「一社の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家を建てるとしたら、建てやすいの住宅地でしょう。特に都市の住宅地は公共施設や交通機関などのインフラが整っており、住むには最適な場所かもしれません。ただしそんな都市の住宅地でも問題点はあります。それはプライバシーを守りにくいこと。そこで、このような問題を解決した家を紹介したいと思います。それは加藤一高建築設計事務所が建てた「一社の家」。建てられた家はプライバシーを守り、心地良さを感じさせるものになっています。

住宅密集地に建つ家

今回家が建てられることになったのは愛知県の名古屋市。敷地があるのは住宅密集地で、周りには多くの家が建ち並んでいます。そんな場所で問題となるのは外からの視線。隣家や通りが家に迫っているため、家の中を見られてしまう可能性がありました。またそればかりでなく他の建物で影にならないような明るいリビングルームも求められました。そこで明るくプライバシーを守れる家を建てることになったのです。

外からの視線を跳ね返す家

家は木造2階建ての建物。それは特徴のある外観となっています。通りから家を眺めると、見えるのは窓を隠すように取り付けられている壁。1階の窓の前には大きな白い塀が建てられており、目隠しとなっています。一方建物の2階部分に見えるのは、ルーバーと呼ばれる細長い板を隙間を開けて平行に並べたもの。その奥にはバルコニーや窓があるのですが、こちらも目隠しとなって外からの視線を跳ね返すようになっていいます。

木の暖かみが感じられる空間

家の中に広がるのは木の暖かみを感じさせる空間。そこでは様々な素材として使われている木が目に付くでしょう。柱、床、梁、そして屋根などに使われているのは杉やヒノキなどの木材。そのため家の中にいると、木の香りや素材が持つ暖かさが感じられ、まるで森の中にいるような感覚さえ感じられるかもしれません。それは都市の住宅地で欠けている自然を身近に感じさせてくれます。そして生活に必要な心地良い空間を演出してくれるでしょう。

明るいリビングルーム

このような木の住まいを一層暖かなものにするのは外から射し込む太陽の光です。クライアントの要望に応えて採光性の良い2階にリビングルームが設けられました。その前にあるのはルーバーが取り付けられたバルコニー。ルーバーには隙間が開けられており、風や光が通り抜けるようになっています。そのためバルコニーやリビングルームでは暖かな太陽の光や外の風を取り込むことができるのです。

明るくプライバシーの守れる家

都市の住宅地となるとプライバシーや大きな問題となります。もちろん対策を建てることはできますが、それによって窓を減らすことになり、住まいの明るさが失われることになってしまいます。そこで今回考えられたのはルーバーを取り付けることでした。それは光や風を通すにも関わらず、外からの視線を跳ね返すことができます。こうしてクライアントの要望に応えた、心地良い住まいが実現されたのです。

プライバシーを守れる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!