中庭から光と風を取りこむ LDK: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けたリビングです。

都会の中の癒し空間!中庭のある住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

都会にいながら中庭のある家に住めたなら、どんなにいいでしょうか?所狭しと住宅がひしめいている環境であっても、アイデア次第で光と風を十分に楽しめるような、中庭のある住まいが実現できるかもしれません。今回ご紹介するのは、東京を拠点に活動し都市の家作りを得意とする、テラジマアーキテクツが手掛けた中庭のある理想的な住まい。さっそく見て行きましょう。

丸みのある優しいフォルムのファサード

住まいは都市部で、四方がほぼ住宅に囲まれているという敷地にあります。住宅のレイアウトは、中庭を家の中心に配置し、ロの字に囲むように組まれました。住宅へ続く袋小路を行くとファサードが見えてきます。角を取り丸くカーブを描いたフォルムと、上部表面をナチュラルな雰囲気の石で飾られることによって、家全体の外観が優しい印象に仕上がっています。疲れて帰宅した日も、この住まいが住人を温かく迎え入れてくれます。

光が差し込む玄関ホール

玄関ホールは、白とナチュラルがバランスよく組み合わされた明るい雰囲気。グリーンも空間のアクセントとして置かれています。住まいの中心部の中庭に向かって、住居の建物の四方壁面は大きな開口が取られているので、この玄関ホールにも中庭からの十分な光が差し込みます。中庭をはさんで反対側にはキッチンがあります。家族の誰かがそこで料理をしていても、この住まいの作りなら玄関ホールにも目が届くので、帰宅する人を笑顔で迎えることができます。

開放感のある明るいLDK

明るく開放的な住まいを、というクライアントの要望を叶えるために、住まいの中庭に面する側は大きなガラス窓を設置。これによって家全体に、十分な採光が得られます。リビングは、開放的な吹き抜け構造となっています。このリビング、実は北側に位置しているため、対策として住宅の南側は1層と低めに建てられました。この結果、リビングにも十分光が差し込むように。室内は、白を基調としたインテリアにナチュラルなフローリングが敷かれ、ゆったりとくつろげる空間になっています。左上には2階の部屋へ行くための渡り廊下が見えます。

中庭は家族だけのオアシス

ライトアップされ夜も美しい中庭の様子。中央に木も植えられて、都会の中にあるとは思えない落ち着いた佇まいです。この中庭は、疲れを癒し心に安らぎを与えてくれる、家族だけの秘密のオアシスのような存在。昼間は子供たちの遊び場としても活用できます。この住まいの間取りの特徴は、中庭にいても室内にいても、誰がどこにいるのか、何をしているのか把握しやすいこと。この中庭の存在ははその意味で、空間的にも精神的にも家族を繋ぐ、大事な役割を果たしています。

住まい全体を見渡せる渡り廊下

1階のリビングスペースを中庭側に見上げるとこの渡り廊下があり、2階の夫婦の寝室と子供部屋へとつながっています。1階のLDKを吹き抜けとし、中庭側の壁面をガラスにしたことで、この渡り廊下も明るく開放的な雰囲気に。ここからの中庭や住居全体の眺めがいいので、思わず立ち止まって長居することも多くなりそうです。

眺めのいい安らぐバスルーム

中庭に向かって大きく窓を取った1階のバスルーム。タイル張りの全体的に落ち着いたデザインです。他人の目を気にする必要がない家の間取りなので、窓を閉め切らなくてもOK。中庭を眺めながら湯船につかり、ゆったりと一日の疲れを癒すことができます。

中庭のある住まいはいかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!