三角形の家5選

Y. Y. Y. Y.
キッチンを楽しむ三角の家 / House in Kobe, 藤原・室 建築設計事務所 藤原・室 建築設計事務所 モダンな 家
Loading admin actions …

皆さんは、画用紙に家を描いてくださいと言われたら、どんな家を書きますか?たいていの方がまず思いつくのが、正方形のボリュームに三角屋根の家ではないでしょうか?そこに扉が一つと窓が一つ、時には煙突まで付いていたりして… 実際には、家の形は本当に様々です。今回の記事でご紹介したいのは、三角形の住まい。家のフォルムが様々とはいえ四角いボリュームが多い中、三角形の家は珍しいですね。どんな様子になっているのか、早速見ていきましょう!

焼杉の趣

栃木県に拠点を活動する中山大輔建築設計事務所が手がけたのは、3人家族と猫2匹のためのお住まい。焼杉の落ちついた色彩の外壁がスタイリッシュで、周囲の緑豊かな環境にもよく調和しています。敷地の形状に合わせてかなり鋭角な三角形の建物となりましたが、屋根は長い片流れで、側面から見るとかなり違った印象を受けます。外観は黒やグレーを基調とし、引き締まったイメージですが、内装は白と明るい木目調で、柔らかく明るい空間が広がります。こちらは、「三角形の敷地に建つ片流れ屋根の家」で詳細をご紹介しています。

haus-kaap

神戸を拠点に活動する一級建築士事務所HAUSが手掛けたのは、こちらのプロジェクト。閑静な住宅街に建てられたシンプルでモダンなお住まいです。この写真は、鋭角な三角形の先端から見た様子。先がかなり細くなっていることがわかります。一見不便な立地条件のようですが、それを逆手に取り、個性的な空間が広がります。生活空間は上部に押し上げられ、地下には駐車場が設置されました。道路が迫っていますが、生活空間が道路に立つ人の視線よりも上にあるので、プライバシーが守られ安心です。こちらは、「土地の形状を楽しもう!鋭角な三角敷地に建つ家」で詳しくご覧いただけます。

鮎ヶ丘の家

鳥取県のシェド建築設計室が手掛けたのは、こちらの住宅。敷地は隣が住宅、その他の2面を道路に囲まれた三角形のです。難易度の高そうな形状で、プライバシーの確保も大変そうな立地条件ですが、敷地の形状を生かした庭があり、板塀でプライバシーも確保されているそう。室内は無垢材で統一されており、木の温かみが心地よい雰囲気を演出しています。また、鋭角の先端に設けられた変形の和室がユニークで斬新です。こちらは「三角土地の角地に建つ秘密基地のような家」で詳細をご紹介しています。

将来を見据えた設計

藤原・室 建築設計事務所が手がけたこちらのお住まいは、分譲地の端の緑の豊かな場所に建てられました。敷地自体は三角の変形地ですが、高い場所に位置しており、将来的にプライバシーが保ちやすいというメリットがあります。モダンなイメージのグレーに、洗練されたフォルムの外観は人目を惹きますね。こちらの側面の開口面積が少なく閉じたイメージなのに対し、比較的建物が立ちにくいと予測された北側は、大きなガラス戸が設けられ、自然を存分に取り込みます。将来を見据えた安心なプランですね。こちらは、「高台に建つ三角形の住宅」で詳細をご紹介しています。

トライアングル・ハウス

(株)プライム一級建築士事務所が手掛けたこちらのお住まいは、三角形と五角形の平面を組み合わせ、各所には3角形の庭を設けたというユニークなもの。敷地が南に対して45度ふれており、斜め方向に景色が開けていることから、この設計が構想されました。室内を見てみると、入り組んだ形が個性的ですね。子供部屋の円形の天井やスタイリッシュな外装と見所満載のこちらの住宅は、「シャープなフォルムのスタイリッシュな家」で詳細をご紹介しています。

▶homifyで建築家を探してみませんか?◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※ 

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 


三角形の家、いかがでしたか?コメントをお待ちしています。

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

注目の特集記事