homify360°:住宅地でも明るく開放的な「西荻の家 」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

多くの日本の家はその建設に適した住宅地に建てられます。そんな住宅地では大きな問題があるでしょう。それは隣家や通りが家に迫り、プライバシーを保ちにくいこと。家の中が外から見えてしまえば、どれだけ心地良い空間であっても、落ち着いた生活を送ることはできないでしょう。そこで紹介したいのはプライバシーを守れる家。伊藤一郎建築設計事務所が手がけた「西荻の家」は、プライバシーを守りながら開放感を得られるものになっています。

住宅地に建つ家

本住宅が建てられたのは東京の住宅地。そこには多くの家が軒を連ねています。もちろん本住宅が建つ敷地も例外ではありません。周りに住宅があり、隣家に囲まれることになります。そうなると問題となるのは隣家からの視線。また家の前には通りがあるため、そこからの視線を遮ることを考える必要があります。そこで、このような問題を解決する家が建てられることになりました。

外側から中を見られにくい家

カーポートからルーフテラスを見る: 伊藤一郎建築設計事務所が手掛けたベランダです。
伊藤一郎建築設計事務所

カーポートからルーフテラスを見る

伊藤一郎建築設計事務所

家は木造2階建ての建物。独自性を感じさせる外観は多くの家が建ち並ぶ住宅地では人目を引き付けるでしょう。白色の外壁にまとめられた家には大きなテラスが見えます。1階部分には窓が見られませんが、2階部分には大きなガラス窓が見えます。ただし通りからは角度があり、ガラス窓の向こうの様子は見えにくくなっています。そのため外から見えにくいプライバシーを守る家になっているのです。

広々とした屋内空間

このような家の中にあるのは広々とした空間。ダイニングルームは壁で隔てられることなくリビングルームやキッチンと繋げられており、広がりを感じさせます。その広がりを一層を強めるのが大きなガラス窓や高い天井。ガラス窓は外の風景を取り込み、壁の存在を弱めることになります。また屋根裏が無いため天井が高くなっており、縦にも横にも広がりが感じられ、圧倒的な開放感を得ることができるのです。

明るい家

このような家で忘れていけないのは家の中の明るさ。プライバシーを守ろうとすると窓が少なくなって家の中が暗くなってしまいます。実際に本住宅でも1階の窓が少ないため、暗い空間になる可能性がありました。ですが玄関に設けられた低い位置の窓のように外からの視線を防ぎながら、光を取り入れられるようになっています。また段板だけのシンプルな階段は2階からの光を1階へと導いてくれます。そして光沢のある大理石調のタイルが光を反射させて明るい空間を演出しているのです。

住宅地でも住宅地でも明るく開放的な家

ダイニングは家の中心的存在: 伊藤一郎建築設計事務所が手掛けたダイニングです。
伊藤一郎建築設計事務所

ダイニングは家の中心的存在

伊藤一郎建築設計事務所

住宅地でプライベート空間を守るには窓を減らすことになります。ただしそれは開放感や明るさを犠牲にすることになってしまうでしょう。ですが、ここでは1階部分の窓だけを減らし、2階からの光を届くようにして明るい空間を生み出しているのです。もちろん高い天井にテラスを備えた2階の空間は開放感を感じさせてくれます。このような家では、外からの視線を気にすることなく広々とした空間で心地良い生活を送ることができるでしょう。

Photo:太田拓実

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!