生活にゆとりを生み出す5つの庭

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

庭はどのような役割を果たすでしょうか。そこは太陽の光にあたれる場所になるでしょう。そして解放感を得られる場所になるかもしれません。ですが植えられた植物などから、自然を最も身近に感じられる場所になるでしょう。そこで今回は植物などが植えられた美しい5つのを紹介したいと思います。それは小さな自然を生み出し、生活にゆとりと安らぎを感じさせるものになっています。

壁の存在感を弱める庭

最初に紹介したいのは、造園やエクステリアを手がける会社「リビングデザイン」の庭。それは住宅と壁の間に作られています。家の周りには壁があるため外から家の中を覗かれることはありません。ただし壁は外の風景を見えなくさせて圧迫感を感じさせてしまうでしょう。ですが、ここでは緑が美しい植物が壁の存在感を弱めています。そして庭は自然の存在を感じさせるだけでなく、壁に囲われた家に心地良さを感じさせてくれるでしょう。

解放感を生み出す中庭

松原建築計画は家の中心に中庭を設けています。中庭は家に囲まれた空間となるため、普通であれば活用しにくいスペースになってしまうでしょう。ですが、ここでは植物を植えて気持ちの良い空間を作りだしています。何より素晴らしいのは中庭に対して家が開放的に開かれていること。そのため窓を開ければ、すぐ横には緑の空間を見ることができます。ここでは庭によって自然がとても身近に感じられるでしょう。

縁側で楽しむ庭の風景

神谷建築スタジオが手がけたのは造園家のための家庭は造園家の方が手がけており、小石や木を使い美しい和風庭園となっています。そんな庭が作り出すのは美しい風景。それを見ると、きっと心は安らぐはず。そんな庭に合わせて家に設けられたのは縁側。家は庭の美しい眺めを楽しめる場所になるように建てられているのです。

庭を覆い尽くす植物

枝葉とびかう創作の庭 2007~: にわいろSTYLEが手掛けた庭です。
にわいろSTYLE

枝葉とびかう創作の庭 2007~

にわいろSTYLE

住宅の庭などの造園を行う「にわいろSTYLE」が手がけたのは美しい庭。こちらの庭は至る所に植物が植えられています。高さ考えられて植えられており、植物が一か所に集まってしまうことはありません。そのため家にある壁は植物で覆い隠されて、その存在に気付くことはないでしょう。このような庭では「枝葉がとびかう創作の庭」と名付けられているように、緑が庭をとびかうように覆っているのです。

散歩で楽しむヨーロピアンスタイルの庭

レストランガーデン: NICO株式会社が手掛けた庭です。
NICO株式会社

レストランガーデン

NICO株式会社

最後に紹介したいのは多くのガーデンデザインを手がける「NICOガーデンデザイン」の庭。それはレストランに作られたヨーロピアンスタイルのものになっています。大きな特徴となるのはレンガなどで遊歩道を設けていること。そのため眺めるだけでなく散歩ができるようになっており、様々な視点から植えられた植物を楽しむことができるでしょう。

庭について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!