キッチンを計画する際の注意点

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

住まいの中で最も高い機能性が求められるキッチン。設備も多く他の部屋よりも費用も高いため、計画もできる限り綿密に行いたいですね。実用性も大切ですが、せっかく新しく作るのなら、できるだけ自分好みに可愛いスペースにしたいところ。家族みんなが心地よく過ごせ、家の中心となるような空間にするために、キッチンを計画する際はある程度理想のイメージを明確にして、専門家との打ち合わせのかなで具体案を探っていきましょう。

綿密な打ち合わせ

他の部屋よりも求められる要素が多いキッチン。その計画の際には、専門家との綿密な打ち合わせが必要です。キッチンスペースを使いやすくするには、そこで作業する人の体格を配慮しなくてはなりません。例えば流しや調理台の位置は高すぎても低すぎても使いにくいのですね。毎日、時には毎食使うスペースですから、ストレスは出来るだけ少ない方が良いです。差し色の黄色が元気なイメージを与えるこちらのキッチンは、広々として使いやすそうです。広いスペースの場合は、冷蔵庫から流し台や調理台までの距離が遠すぎないかなど、注意した方が良いでしょう。

設備

キッチンの計画を進める上で、どの設備が必要かという重要なポイントは避けては通れません。例えば思い浮かぶだけでも、流し台、調理台、換気扇、冷蔵庫、コンロ、照明器具など大型のものも多いですね。そして大抵の家庭においては全て必需品です。これに食洗機、オーブンなどを入れるとキッチンスペースはかなり埋め尽くされてしまうのでは。どの設備を設置するか考慮する際には、どれくらいスペースに余裕があるか、大型のものが必要なのか小型のもので十分なのかなど家族の人数などに合わせて決めましょう。

スケジュール

既存の温室を明るいキッチンに: ユミラ建築設計室が手掛けたキッチンです。
ユミラ建築設計室

既存の温室を明るいキッチンに

ユミラ建築設計室

キッチンの施工や設備の配達のスケジュールを立てる際には日程に注意しましょう。もし工事中に大型の家電など配達されてしまうと、困ったことになります。こちらのキッチンは既存の温室がキッチンにリノベーションされました。元々温室だったこともあり、たくさんのガラス窓から入る自然光でとても明るい空間ですね。壁や窓枠もカラフルで、楽しくお料理が進みそうなスペースです。ユミラ建設設計室が手掛けました。

床のデザイン

東京都を拠点に活動するHAN環境・建築設計事務所が設計されたこちらのお住まいは、木がふんだんに使われ、高い天井も手伝って、とても素敵な印象ですね。一回の半分以上が土間空間で、土間には温水床暖房が配され、快適な住環境となるように計画されました。土間というと冷んやりしたイメージですが、床暖房だと裸足でも過ごせますね。キッチンの床はフローリング、タイルなど色々ですが、メリットやお好みに合わせ、選ばれると良いでしょう。土間という選択肢も良いですね。

写真:吉田誠

壁のデザイン

勝どきマンションリフォーム: ヤマトヒロミ設計室が手掛けたキッチンです。
ヤマトヒロミ設計室

勝どきマンションリフォーム

ヤマトヒロミ設計室

ヤマトヒロミ設計室が手掛けたのはこちら、隅田川に面する角部屋のお住まい。キッチンも料理を作ったり食べたりできる造作カウンターを景色が一番ダイナミックに見える位置に配置されたとのこと。毎日水辺のお食事を楽しめるなんて素敵ですね。オーナー所有のレトロ家具との相性を考慮された、こちらの壁のタイルもアクセントになっています。キッチンの壁はやはり掃除を考えるとタイルが向いていますね。タイルにも細かいものや大ぶりで模様の入ったものなどスタイルが色々あり、雰囲気もそれによって変わってくるので、選ぶのが楽しみですね。

ダイニングのインテリア

degomaが手掛けたダイニング

キッチンとダイニングは切っても切れない関係ですので、キッチンを計画する際、ダイニングのインテリアも一緒に考えておきましょう。こちらのダイニングはキッチンと窓でつながっているという、面白い造りになっています。窓枠とテーブルが同じトーンの木材で、こんなに色々なタイプの家具があっても不思議とまとまりがありますね。キッチンとダイニングは一つの空間に入れるのか、もしくは壁を挟むのかなど、前もってプランに入れておくと、ダイニングのインテリアもスムーズに進みます。

「キッチンを計画する際の注意点」はいかがでしたか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!