ダークグレーの壁に杉の羽目板がアクセントになっている外観: シーズ・アーキスタディオ建築設計室が手掛けた家です。

自由に使える広い家「八王子の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家は生活するための空間です。そこは食事をしたり、お風呂に入ったり、家族と時間を過ごす場所になります。ですが、ただ生活するだけの空間だとしたら、少しもったいないかもしれません。自由に使える空間があれば、そこでの暮らしは素晴らしいものになるでしょう。今回紹介するシーズ・アーキスタディオ建築設計室が手がけた「八王子の家」。そこでは自由に使える空間が生活に変化を与えています。

クライアントの要望に応えた家

今回、家の設計を依頼したクライアントは家について2つ要望を出していました。それはご近所の人が立ち寄れるような場所にすること。そしてスポーツ好きの子供に使い勝手の良い空間を設けることでした。そんなクライアントの要望に本住宅は応えています。そこで考えられたのは、部屋に与えられた役割を越えて自由に使える空間。それは要望に応えるだけでなく心地良い暮らしも可能にしているのです。

個性的な外観

ダークグレーの壁に杉の羽目板がアクセントになっている外観: シーズ・アーキスタディオ建築設計室が手掛けた家です。
シーズ・アーキスタディオ建築設計室

ダークグレーの壁に杉の羽目板がアクセントになっている外観

シーズ・アーキスタディオ建築設計室

家が建てられたのは郊外の住宅地。多くの住宅が軒を連ねる場所で、建物は印象的なものに見えるでしょう。家は2棟の建物が繋げられた形をしています。どちらの棟も屋根の片方が高い片流れの屋根を持つもの。その屋根の高い部分が寄り添う形になっています。そして他の家とは違った個性的な外観で、強い印象を生み出しているのです。

広くフレキシブルな屋内空間

建物内部に広がるのは広々とした空間。建物にはリビングルームがありますが、それはキッチン、ダイニングと壁で隔てられることなく1つの空間になっています。そんな空間はさらに広がりを感じさせるようになっています。なぜならリビングにはウッドデッキやスタディルームが隣接しているからです。それぞれの空間は分かれていますが、窓や引き戸を開ければリビングルームに繋げることができます。このような広くフレキシブルな空間は多様な活用を可能にするでしょう。

離れの役割を果たす和室

このような家で特徴となるのは和室。それは玄関を挟んだリビングルームの向かい側にあります。玄関を挟むため、他の部屋とは離れた場所になります。そのため離れのような役割を果たすことになるでしょう。そして生活空間と距離を持つため、ゲストを泊めるための部屋として使うことができるのです。このように自由に使える多目的室として活用することができるのです。

生活を楽しく心地良くする家

本住宅で考えられたのは子供たちがのびのびと過ごせるような広がりのある空間。そしてゲストなどを招けれる多目的に使える空間。こうした空間を備えた住まいは、日々を楽しく心地よく過ごすことを可能にしてくれます。そして他の家では送れないような特別な生活を送ることができるでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!