パノラマビューが自分のものに!離れのあるモダンハウス

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

家にいる時、いつでも美しいパノラマビューが臨めたら毎日どんなに幸せでしょうか。今回紹介するのは、日常の喧騒から逃れ、非日常の世界へといざなう「離れ」のあるクールでモダンなデザインの住まいです。美しい街と自然の風景が楽しめるこの夢のような住宅は、鹿児島県を拠点に活動するアトリエ環 建築設計事務所によって手がけられました。さっそく見てみましょう!

写真 三好芳昭

パノラマビューを臨める住まい

住宅のロケーションは鹿児島市。敷地は、南西に向かって崖が切り立っているという高台にあります。住宅に隣接する南と西側の土地は少し低くなっているという地形の条件を上手に生かして、パノラマビューを存分に楽しめる住宅が出来ました。奥に見える横長ボックス型の大きい建物が住居となる「母屋」で、手前に見える小さなガラスの小部屋が「離れ」となっています。

母屋と離れをブリッジでつなぐ

横から見た住宅全体と周辺の様子です。住宅の前に並行するように道路がありますが、行き止まりなので他人が通り抜けることはありません。住居の開口部としている側の前方には、同じ高さの建物は存在しないため、住人のプライバシーもきちんと守られています。母屋と離れを直接行き来できるよう、2つの建物の間にシンプルなブリッジを配置しました。

ピロティによって視界レベルがアップ

母屋の1階は、住居スペースの中心となっている2階を支えるピロティに。このことにより住まいの全体的な視界レベルはさらに高くなり、よりパノラマビューを楽しめます。住宅は、母屋と離れを合わせて全体をモノトーンに統一し、直線的に構成されたモダンなデザイン。青空に良く映えますね。

モノトーンで統一されたインテリア

こちらは室内の様子。モダンでシンプルな住宅の外観に合わせて、室内のインテリアもモノトーンで統一され、ミニマルですっきりとした印象です。清潔感があり広々とした空間に、クールなデザイン家具が良く似合っています。2階のファサード一面を開口部としているので、採光も十分で外の眺めも楽しめるパーフェクトな夢の住まいです。

昼とは違う夜の雰囲気

離れへ続くブリッジから母屋を見た様子。室内のクールでモダンなインテリアが夜は照明の効果でロマンチックに照らし出され、昼とは全く違う雰囲気を醸し出しています。夏や屋外が気持ちいい季節には、ブリッジやテラスで風に当たりながら、家族や友人たちと語らい、くつろぐことも出来そうです。

自分だけのパノラマビュー

離れからの外を眺めた様子。この離れはパノラマビューを存分に楽しむために作られたので、まさに自分だけの展望台となります。圧倒的な解放感と美しいランドスケープを堪能で来る贅沢な空間で、外を眺めているだけで忙しい日常を忘れさせてくれそうです。また目の前に広がる景色も、時間帯や天気、季節によって色々な表情を見せてくれることでしょう。ここでリラックスしたり、読書を楽しんだりと、自分だけの時間を過ごすお気に入りの場所となりそうです。この離れの建物自体、外から見るとまるでショールームのようなお洒落な佇まいで、存在感も抜群です。

離れのあるモダンハウスはいかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!