中庭とシンボルツリー: 根岸達己建築室が手掛けた庭です。

プライバシーを守り、気持ち良く暮らせる「中庭のある家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

日本の家で問題になるのは、住宅地であればプライバシーの守りづらさでしょう。隣家や通りが家の前に迫り、そこから中の様子が見られてしまうからです。そのため住宅地に家を建てるのであれば、プライバシーをいかに守るかを考えなくてはいけません。そこで紹介したいの根岸達己建築室が手がけた家です。建てられた「中庭のある家」は、プライバシーを守り快適な生活を送れるものになっています。

夫婦2人がゆったりと過ごす家

深い軒のある和モダンの外観: 根岸達己建築室が手掛けた家です。
根岸達己建築室

深い軒のある和モダンの外観

根岸達己建築室

今回家が建てられたのは東京都の武蔵野市。敷地は緑が多くの残された閑静な住宅地にあります。建てられる家に住むのは夫婦2人。子供たちも自立しているため、落ち着いた時間を家で過ごすことになります。ですが家は住宅地にあるため、隣家や通りからの視線がそれを妨げる可能性もあります。そこで周囲からの視線を気にすることなく暮らせる家が考えられました。

プライバシーを守る家

中庭と一体の玄関: 根岸達己建築室が手掛けた庭です。
根岸達己建築室

中庭と一体の玄関

根岸達己建築室

本住宅は2階建ての建物で、とても簡素な外観になっています。通りから見るとそのシンプルさは際立って、強い印象を与えるでしょう。家の1階部分に見えるのはコンクリートの壁。それは重厚な印象を感じさせます。一方2階などの部分に見えるのは白い外壁。屋根には大きな軒が見え、コンクリート、大きな軒、白い外壁が家の外観を形作っています。外壁の上には窓が無いため、シンプルさが強調され、同時に家の中を見せないプライバシーを守る家であることがわかるでしょう。

明るい空間

中庭の緑を見ながら家事ができるキッチン: 根岸達己建築室が手掛けたキッチンです。
根岸達己建築室

中庭の緑を見ながら家事ができるキッチン

根岸達己建築室

建物の外観が感じさせるのはミニマルな印象。ですが、建物内部には、そのイメージを覆すような空間が広がっています。家には小さな中庭があり、それを3方向から囲む形で建物が建てられています。通り側に見られなかった窓も、中庭側に多く取り付けられています。そのためプライバシーを守るために通り側に窓を設けなくても、家の中では明るさを感じることができるのです。

解放感を生み出す中庭

中庭とシンボルツリー: 根岸達己建築室が手掛けた庭です。
根岸達己建築室

中庭とシンボルツリー

根岸達己建築室

中庭は明かりを取り入れることに使うことができますが、これ以外にも重要な役割を果たします。家の窓は中庭側に取り付けられているため、その眺めを楽しませてくれるでしょう。それはミニマルな家に小さな自然を身近に感じさせてくれます。それと同時に、壁に覆われた閉塞感を感じさせず、開放的な住まいの空間を演出するのです。

プライバシーを守り、気持ち良く暮らせる

戸袋に収納された障子を閉めると和モダンな空間に。: 根岸達己建築室が手掛けた窓です。
根岸達己建築室

戸袋に収納された障子を閉めると和モダンな空間に。

根岸達己建築室

プライバシーを守ることを考えると、外から見られないように窓を減らさなくてはいけません。そこで問題になるのは暗さや閉塞感。そこで本住宅では中庭を設けることで、明るく解放感の得られる空間を作り出したのです。このような住宅であれば、外からの視線を気にすることなく、気持ちの良い空間で、心地良い生活を送ることができるでしょう。

【中庭については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 中庭のある家に住む5つのメリット   

※ 知っておきたい中庭の6つのポイント!    

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀    

募集ページはこちら

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!