homify360°:シンプルに、回遊性のある家「くるりのある家」
くるりのある家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた家です。

homify360°:シンプルに、回遊性のある家「くるりのある家」

homify360°:シンプルに、回遊性のある家「くるりのある家」

kanako K kanako K
Google+
kanako K kanako K
Google+
Loading admin actions …

住宅における回遊性とは、たとえば家事などの作業動線が簡略的にスムーズに行なえ、障害物がないことです。まずは家族構成から間取りで大まかな機能と配置を決定することが大事な要素になるでしょう。そしてスムーズな回遊性のある動線が活きてくるのではないでしょうか。本住宅は設計事務所アーキプレイスの設計によってうまれた回遊する動線「くるり」が大きな特徴となった「くるりのある家」。「ほっとする、シンプル、ナチュラル、スタイリッシュ、家族の成長と変化」を家づくりのテーマとした若き夫婦と子供のいる住宅です。

空に映える、爽快感のある白い外観

豆腐の断面を見ているかようなエッジの効いた住宅ファサードです。澄み切った青い空に一段と映える白い壁は爽快感とスタイリッシュな印象を受けます。正面には玄関ポーチと二階バルコニーの開口が気持ちよく並んでいます。前面道路よりかなり引いた位置に建てられてることから、ゆとりのある雰囲気と住宅を気持ちよく眺める事が出来ます。建物全体は外から見ると、内部がどのような間取りになっているか興味を惹かれます。

回遊する多目的バルコニースペース

二階部分のバルコニースペースは建物を半周するかのように長く連続して設けられています。バルコニーの幅が大きくとられていることから、その空間の使用目的は多岐にわたります。また周辺に大きく視界を遮る建物や構造物が無いことから遠くまで景色を望めます。

リビングを見下ろす吹き抜け

リビング・ダイニングスペースにあるのは南庭に向けて開け放った大開口に沿って、大きな吹き抜けです。吹き抜け上部にも設けられた開口はバルコニーからベランダへと回遊しており、開口をとおしてリビング・ダイニングスペースを見下ろすことが可能です。またそれによって視線の相違を楽しむこともできます。リビングからは南に広がる庭と、この家のシンボルともなる、まだ若い植栽が眺めることが出来ます。

洗面脱衣室からサンルームへ

洗面脱衣室から続くサンルーム。人造大理石の洗面カウンターや壁一杯まで伸びる鏡は女性にはちょっぴり嬉しいゆとりあるスペース。日中は電気がなくとも、さんさんと差し込むサンルームからの採光のおかげで空間は明るく、家事もスムーズにこなせます。衣類に関する動線はこの空間ですべてが完結してしまうのが特徴で効率的な空間です。

庭から見る夕景の外観

日が落ち始めたころの本住宅外観は暖色の照明が温かく包んでくれる風貌へ。シンプルな長方形の建物ですが、機能的に設けられた開口、ベランダや庭へ延びるテラスによってスタイリッシュでナチュラルな雰囲気が溢れています。南側に広がる大きな庭と植栽は住宅との一体感を大切にし、人が集まり、家族ともに成長し変化していくことが事ができる住宅です。

回遊性のある家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!