リビングの吹き抜け空間: 久保田英之建築研究所が手掛けたリビングです。

homify360°:外に広がる自然を身近に感じられる家「Style」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

郊外の土地に家を建てるのであれば、何を考えるでしょうか。もし家の外に美しい自然が広がっていれば、その環境を取り込むことを考えるでしょう。今回紹介したいのも、そんな周囲の自然環境を活かした家です。それを手がけたのは久保田英之建築研究所。建てられた家「Style」では、周辺環境との繋がりを生み出すような空間が考えられています。

恵まれた環境に建つ家

今回家が建てられたのは愛知県の尾張旭市。敷地は緑溢れる場所にあり、近くには森のような公園もあります。そこで感じられるのは自然の身近さ。ここでは都会のように住宅が密集しておらず、隣家や通りからの視線を気にする必要性もありません。また周囲から聞こえる騒音も気にするほど騒がしくはありません。そこで、このような恵まれた周辺環境を活かすような家が考えられました。

軽やかでモダンな外観

本住宅は木造2階建てとなっており、高台に建てられています。そんな家を遠くから眺めると見えるのは箱型の建物。家の前には駐車スペースがありますが、高低差があるため1階部分のデッキテラスが高い位置に設けられているように見えるでしょう。また外壁には大きなガラス窓が設けられており、軽やかでモダンな家の印象を作り出しています。

暖かな雰囲気や広がりを感じさせる家

リビングの吹き抜け空間: 久保田英之建築研究所が手掛けたリビングです。
久保田英之建築研究所

リビングの吹き抜け空間

久保田英之建築研究所

そんな家の中には解放感の得られる空間が広がっています。テラスに面した場所にあるのはリビングルーム。そこは吹抜けとなっており、広がりのある空間を生み出しています。このような部屋で目に付くのは木で作られたもの。大きな木の天井、それを支える木の梁、そして木目が美しい床など木の部材が暖かな雰囲気を演出しています。このような広がりと暖かさは心地良い住まいの空間を作りだしているのです。

屋外と屋内の繋がり

本住宅で忘れていけないのは、周りに広がる周辺環境との関係。リビングルームには大きな窓が設けられており、一部は収納可能な引き込み戸になっています。戸を壁に収納してしまえば、デッキテラスとリビングルームは一体化して外の風景が家の一部のように感じられるでしょう。ここでは家の中からでも外に広がる美しい自然が身近に感じることができるのです。

外の風景を取り込む家

都会の家であれば、外部の視線からプライバシーを守らなくてはいけません。そのため家の内側と外側が隔てることでプライベートを守ることになります。ですが郊外の家では、それを考える必要はないでしょう。外に広がる素晴らしい環境を活かすために、ここではデッキテラスや引き込み戸が屋内と屋外を繋げてくれます。そして素晴らしい周辺環境を生活の一部として取り込んでいるのです。

開放的な家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!