珪藻土と木のぬくもりに包まれた、バーカウンターのあるリビング: 株式会社スタイル工房が手掛けたです。

ペニンシュラ型キッチンのお勧め5選!

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

ペニンシュラ型キッチンのキッチンをご存知でしょうか。それはキッチンのスタイルの一つで、今多くの注目を集めています。ペニンシュラとは英語で半島のことを意味しますが、その名前のとおり、半島のように壁に一部だけ繋がった形となったキッチンを指します。それは多くメリットがあり、とても魅力的なキッチンと言えるでしょう。そこで、そんな魅力的なペニンシュラ型キッチンを持つ、素敵な住まいを紹介したいと思います。ぜひこの中からお気に入りのキッチンを見つけてみましょう!

明るいキッチン

ダイニングキッチンを見る: 藤森大作建築設計事務所が手掛けたダイニングです。
藤森大作建築設計事務所

ダイニングキッチンを見る

藤森大作建築設計事務所

藤森大作建築設計事務所が手がけたのは、明るい住まい「西牧野の家」です。キッチンというと棚に囲まれた狭い空間となりがちです。そうなってしまうと、料理がしにくくなり、気持ち良く食事を作れないでしょう。ですがペニンシュラ型キッチンであれば、空間に広がりを生み出すことができます。そこでは視覚を遮るものが少なくなりますが、それは同時に光を遮るものがなくなることにもなります。そのため昼まであれば、外からの光を取り込み、暖かな光の中で料理を楽しむことができるでしょう。もちろん夜には照明を効果的に使って、気持ち良く料理ができます。こちらの家ではキッチンの横に窓があるため、心地良い自然光の中で料理を楽しめるに違いありません。

コミュニケーションを楽しめるキッチン

田村の小さな設計事務所が手がけた「Bonbonniere」には、素敵なキッチンが取り付けられています。こちらの家では、キッチンはリビングに向き合う形になっていますが、その間には壁がありません。そのため料理をしながらでも、リビングにいる家族とコミュニケーションを取ることができます。また子供が小さな場合には、その様子を確認することもできるでしょう。こちらの家ではリビングが吹き抜けとなっており、1階にいる家族だけでなく2階にいる家族ともコミュニケーションを取ることができます。そのため、家に居れば、常に家族の繋がりを感じられるに違いありません。

オシャレな空間を演出するキッチン

珪藻土と木のぬくもりに包まれた、バーカウンターのあるリビング: 株式会社スタイル工房が手掛けたです。
株式会社スタイル工房

珪藻土と木のぬくもりに包まれた、バーカウンターのあるリビング

株式会社スタイル工房

スタイル工房が手がけたリフォーム「珪藻土と木のぬくもりに包まれた、バーカウンターのあるリビング」では、マンションに素敵な住空間を生み出しています。こちらでは、キッチンはただ料理を食べる場所ではありません。ペニンシュラ型キッチンの高さに合わせて、カウンターテーブルが取り付けられています。そこにはカウンターチェアが合わせられて、まるでレストランのような空間が生み出されています。こちらは中古のマンションをリフォームしたものですが、マンションにありがちな無個性なキッチンとなっていません。素敵なキッチンは、レストランでの食事のように日常とは違った素敵な時間を演出してくれます。こんな住まいであれば、毎日の暮らしに飽きることはないでしょう。

広々とした空間を演出するキッチン

山路哲生建築設計事務所が手がけた家「module grid house」では、ペニンシュラ型キッチンが広々とした空間を演出してくれます。通常であれば、キッチンは区切られた空間になりますが、ペニンシュラ型キッチンでは空間を区切ることはありません。また収納空間をキッチンの下に集めれば、視覚を遮るものはありません。そのため視覚的に広がりが生まれ、閉塞感を感じにくくなるでしょう。こちらの家では、壁を一面を覆うように大きな窓が取り付けられているため、外の風景を取り込むことができます。キッチンは、そんな広がりのある住空間を小さく区切ることはなく、解放感を演出してくれます。このような本住宅では、ゆとりを感じながら暮らしを送ることができるでしょう。

すっきりとした空間を演出するキッチン

KEITARO MUTO ARCHITECTSが手がけたのは、すっきりとした住まい「DAIKO」。そこではペニンシュラ型キッチンがシンプルな空間を演出しています。キッチンは料理をする場所ですが、同時に多くのものが溢れる場所になります。調理器具や食器、そして食材を置く場所にもなるため、上手く収納しないと物が溢れてしまいます。ですが、ペニンシュラ型キッチンは、空間を遮らないため、同時に視覚も遮ることはありません。こちらのお宅では、キッチンの収納を含めて、ペニンシュラ型キッチンがシンプルにまとめられているため、すっきりとしたスペースが生まれています。こんな家であれば、キッチンに物が溢れることが無いため、料理を気持ちよく楽しめるに違いありません。

【キッチンについては、こちらの記事でも紹介しています】

対面式キッチンvs壁付きキッチン

キッチンを使いやすくするために押さえておきたい6つのこと

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!