道後のコートハウス: 株式会社細川建築デザインが手掛けたリビングです。

空間を「ゆるく」繋ぐ中庭を持つ家

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

中庭は開放感ある外部空間でありつつ、プライバシーの保たれたプライベートな空間であることから、住宅街では重宝される建築要素の一つです。今回ご紹介する株式会社細川建築デザインのこちらの住宅では、この中庭を取り囲むように各部屋が配置されています。リビング、階段、吹抜け、ダイニングキッチン、ワークスペースの各空間が、独立性を保ちつつ中庭によって緩やかに繋がっていることで、家族がそれぞれの場所で過ごしながらもお互いに気配を感じる事ができます。また外部からの光が中庭を通して各部屋に取り込まれるため、明るく気持ちよい空間となっています。では詳しく見て行きましょう。

白を基調とした清潔で高級感ある外観

この住宅は、松山市の住宅地の立地しており、夫婦と子供2人の4人家族のために建てられた住まいです。外観は白を基調とし、シンプルでモダンな雰囲気です。そこに木製の玄関扉や、石のタイルがアクセントとして加えられています。

中庭からの光が溢れるリビングダイニング

この住宅を設計する際のクライアントの要望の一つが、中庭を設けることでした。この画像奥に見えるのがその中庭です。リビング側からもダイニング側からも直接表に出ることができ、周りの視線も一切気にならないため、使い勝手がよく、外部にあるもう一つの部屋としてとらえることができるのではないでしょうか。また大きな窓があるため、中庭から降り注ぐ光で日中はとても明るい空間となります。さらにリビングの上は吹き抜けとなっており、上部にも開口が設けられているため、明るく開放的な雰囲気です。

古い家具と新しい家の出会い方

クライアントのもう一つの要望が、現在保有している家具を使い続けたい、ということでした。シンプルなインテリアが、どっしりとした木製のダイニングテーブルの存在感をさらに際立たせています。このように、個性的な家具を生かしたい場合、白などのニュートラルな色を選び、シンプルなインテリアを意識すると良いでしょう。

異なる素材を組み合わせることで空間にアクセントを加える

玄関扉には何色もの異なった色味の組み合わせが見て取れる木製扉が使用されています。そして玄関の床は石、廊下は扉とはまた異なった色味の木素材となっています。これらすべて異なる素材ですが、落ち着いた色味を組み合わせることで、うるさくなく、逆に白い壁と天井で構成された空間のアクセントとなっています。玄関にはさらに真っ白でシンプルな大きな収納が設けられており、使い勝手の良さと見た目が両立したデザインとなっています。

存在感のある「みせる」階段

リビングのすぐ横に設けられた階段は、シンプルなデザインながらもそのオープンな構成で、とても存在感があります。このように階段をオープンスペースとすることで下の階と上の階のつながりが見えるようになり、空間がさらに大きく広く感じられます。

中庭で乾杯!

中庭を持つ大きなメリットの一つはやはりプライバシーが保たれているということでしょう。他人の視線を気にすることなく、好きな時に落ち着いた時間を過ごすことができます。また夜もこのようにライトアップすれば、中庭を取り囲む壁に光が反射して、思いのほか明るい空間となります。一部に施された植栽によって緑が加わり、さらに気持ちの良い空間が実現しています。

【中庭については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 中庭の上手な使い方まとめ集  

※ 知っておきたい中庭の6つのポイント!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

中庭のある住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!