OPERA: 充総合計画 一級建築士事務所が手掛けた家です。

それぞれのフロアが個性的な二世帯住宅

JUTO JUTO
Loading admin actions …

敷地条件が厳しいほど、またはクライアントの要望が複雑であるほど設計者にとってやりがいのあるプロジェクトだったりするんですが、この旗竿形状の崖地に計画された二世帯住宅も造成や擁壁の必要性、そして眺望を生かす、防音性能の高い地下室を設けるといった要望がコストとの折り合いに関して難しいものでした。しかしそんな困難を見事にクリアしたのは充総合計画。クライアントの希望が十分に叶えられた二世帯用の住まいです。

旗竿地にちらっと見えるモダンな外観

周囲の隣地は当敷地よりいくつもの高低差があり、造成の必要性がありました。希望だった地下の建設もなんとかコストと折り合いをつけ実現しました。旗竿状の敷地を道路側から眺めると大きなガラスの開口が印象的なスタイリッシュな外観がちらっと見えます。

奥まった敷地に佇む瀟洒な住宅

もう少し近づいてみると全体像が見えてきます。直線のラインが美しい屋根や外壁と面で仕上げた開口がとってもモダンで落ち着いた雰囲気を漂わせていますよね。造成した土地に作られた庭は道路面より高くプライベート感を強調した外部空間になっています。

吹抜けのある玄関と階段

玄関ホールです。クールな印象かつ和モダンなテイスト2色の配色で仕上げた壁、深みのある木を使ったフローリングや階段、白木の構造部材や白い建具など様々なテクスチャーとカラーの素材がうまく調和したインテリアが目を引きます。吹抜けによって上部からの光によって明るく開放感に満ちあふれた玄関ホールですね。

スキップフロアで緩やかに繋がる生活空間

手前のオープンになった部分で玄関ホールと繋がるダイニングエリアです。左側はキッチンですね。スキップフロアで連続する立体的な空間が広がりを感じさせ、様々な目線の高さや視線の方向を提供してくれます。微妙に壁の配色を変えることで奥行きを感じさせる変化のある内部空間を演出。

領域を保ちながら繋がる奥行きを感じさせるプラン

キッチンからダイニング越しにスキップフロアを上がった場所に設けられたリビングを見たところです。壁がないので緩やかに空間同士が繋がり、同時に程よく仕切られた絶妙なデザインですね。四方に設けられた開口からは柔らかな光が差し込み、室内を優しく包みこんでくれる心地良いLDK空間です。

視線が抜ける開口とテラス

ダイニングより親世帯の寝室を見たところです。視線はそのままウッドデッキのテラスに抜け、空間自体も床から天井までの開口を開ければフラットに繋がる開放感溢れるプラン。階段上の大きなハイサイドライトからはたくさんの光を取り入れることができ、視線は空へと向いていきます。レトロ感のあるデザインや北欧調の温かみのある照明なども含めて参考にしたいインテリアです。

空間を豊かに演出する間取り

こちらはリビング。アプローチから見た大きなFIX窓が最大限の開放感を演出。そのまま外部と繋がりまた切り取った街並みが室内の一部のように見える効果さえも生み出します。様々なレベルに配置された各居室が見え隠れし、緩やかに繋がる豊かな住空間ですよね。

眺めの良い書斎

最上階の特等席には書斎を配置。素晴らしい眺めが望めると同時に機能的な収納家具によって機能性にも優れた空間を作っています。奥はそのままリビング空間と繋がり、まさに家全体に空気が循環するような広がりのある住まい、二世帯住宅でもゆったり感を感じさせてくれます。

クライアント希望の地下空間

こちらはオペラが開催される防音性能に優れた地下空間。予算の都合で実現が難しかったのですが、設計者の健闘によりクライアントの希望を叶えることができました。ポーチより直接アクセスできる扉もある独立した空間です。天井近くの開口によってさりげなく住居部分と繋がっているのもポイント。「シンボルツリーのある中庭を囲む二世帯住宅」もパブリックな要素の強い空間を併設した二世帯住宅です。是非ご覧くださいね。

旗竿地でも豊かな住空間が生まれるんですね。皆さんの意見も是非聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!