ハイサイドライトからの光が満ちあふれる平屋建ての住宅

Michiko JUTO Michiko JUTO
内灘町の家, 福田康紀建築計画 福田康紀建築計画 モダンな庭
Loading admin actions …

160坪の大きな敷地に建てられた平屋建ての住宅を紹介します。恵まれた敷地環境を生かして若い夫婦と小さなお子さんのいる家族のために計画されたこの大らかな住まいはロフトから屋根にアクセスできるのが特徴的。設計を手がけたのは福田康紀建築計画です。

ゆったりとした敷地に佇む平屋建て

のどかな自然の風景の残る住宅地にあるこの敷地は160坪もあり、隣地からも程よい距離感を確保できる恵まれた環境にあります。たくさんの計画案の中から最終的に選ばれたのは、大きな敷地ならではの平屋建てのプラン。道路側の外塀は打ち放しコンクリートのシンプルかつモダンなデザイン。その向こうの庭の樹木が通りからも見え街並みにゆったりとした親しみのある雰囲気をもたらしています。

大きな庭に向って設けたたくさんの開口

2階のように見える外観ですが上部は吹抜け部に設けた高窓です。深く張り出した庇の一部に半屋内的なテラスを配置し内部空間と庭を繋げています。様々なマテリアルを組み合わせた外観ですが落ち着いた色合いでまとめているのでうまく調和しています。

テラスと繋がるLDK

南側にLDKを配置。ダイニングエリアがテラスとフラットに繋がります。お天気の良い日はアウトドアで食事をするのもいいですよね。奥には木製の立ち壁を設けてゆるく仕切ったキッチンゾーン。セミオープンなのでダイニングやリビングからは雑多な様子が隠れすっきりとしています。この住まいではリビングエリアをマルチな使い方のできるタタミスペースとしています。小上がりを設けたり、天井の仕上げに変化を持たせることで領域を意識したデザインです。

小上がりのあるタタミのリビング

小上がりの部分は収納になっているようですね。壁面全体にも造作でたっぷりと収納スペースを設け、すっきりとした印象のリビングエリアです。床が上がっているので、目線の高さも変わってきます。天井に設置した間接照明が空間を柔らかく演出し、家族みんなでリラックスできそうなタタミスペースですね。

この家の中心的存在の吹抜け

家の長手方向に走る廊下上部の吹抜けです。庭側一面にハイサイドライトを設け最大限の換気と採光を確保。建物の短手方向の壁面にも開口を設けているので気持ちの良い風が家全体を通り抜けます。吹抜けの一部にはすのこを設け、ロフトから屋根へのアプローチになっているんです。ガラスによって室内の空調にも配慮しつつ開放的かつ明るい空間を作りました。平屋と言っても立体的な広がりのある変化に富んだ空間構成が楽しい住まいです。

ハイサイドライトで開放感溢れる空間を演出

廊下を挟んで北側には子ども部屋を配置。ロフトを介して差し込むハイサイドライトの光でとても明るく、さらに傾斜した天井が大らかな空間を作り出しています。ロフトには梯子でアクセス。引き戸を閉めれば独立した2つの居室になります。「ハイセンスな平屋の住まい」も高窓で採光を確保している平屋建ての住宅です。是非ご覧くださいね。

【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 平屋の魅力まとめ6選  

※ 平屋と2階建て、どちらを選ぶ?  

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

想像以上に解放感のある平屋建ての住宅です。皆さんの意見も是非聞かせてくださいね。

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!