保谷O邸: 遠藤誠建築設計事務所(MAKOTO ENDO ARCHITECTS)が手掛けた庭です。

シンプルで遊び心もある!住宅地にあるモダンなコートハウス

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、開放感と落ち着きが感じられ、くつろぎながら暮らせる住まいです。家族だけで楽しめる中庭やテラス、遊び心のある仕掛けなど、住宅地の中でも豊かな生活が可能となっていることに注目です。プライベートが守られ、同時に開放感も楽しめる家が欲しいと思っている方、小さくても中庭のある住まいに憧れている方には、何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトを手掛けたのは、東京を拠点に活動する遠藤誠建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう。

モダンな外観

住宅地に佇む4人家族が住む2階建てのこの住まい。白いシンプルな外壁に、シャープな屋根のラインと玄関ポーチ部分に設けられた格子の囲いがアクセントとなったモダンな外観をしています。夜はライトアップにより、外壁に木の影のコントラストが美しく映し出されます。昼間とは違った印象の住まいの風景となり、ここに住むご家族だけでなく道行く人やご近所の方々の目も楽しませてくれていることでしょう。

玄関上にある格子の囲い

玄関ポーチの上に設置されている不思議な格子の囲いスペース。これは住まいの中からも外からも見ることのできる展示ケースのような役割を果たしているそうです。今度はここに何を飾ろうかと、ご家族で一緒になって色々考えるのも楽しそうですね。もちろんこの格子の囲いは、これ自体でも外観デザインとして目を引く存在感があります。日中は太陽光によって、そして夜はライトアップされることで光と影のアクセントを作り出し、時間帯によって様々な表情を見せてくれていそうですね。

快適なLDK

生活の中心となるLDKは住まいの2階に設けられています。室内はシンプル&ナチュラルなスタイルのインテリアでまとめられ、とてもリラックスできる雰囲気。リビングには大きな開口が設けられており、デッキテラスとつながっているのが特徴となっています。生活の中で気軽に屋内と屋外を行き来しやすくなる他、室内に光を取り込み風が通り抜けて行くのを心地よく感じながら暮らして行けそうですね。

勾配天井のゆったり空間

LDKは屋根の形を生かした勾配天井となっており、空間にゆとりと開放感が生まれています。階段近くに位置しているキッチンは、オープン型でシンプル&コンパクトな作り。料理などの作業時も効率的に動きやすそうな雰囲気です。大きな開口が設けられているテラス側とは対照的に反対側の壁は閉鎖的ですが、中央取り付けられた障子窓によってシンプルでモダンなLDK空間に和のアクセントがプラスされているのもポイントです。

プライベートで楽しめるテラス

LDKの延長上にあるデッキテラス。周囲は塀によって囲まれているので、外部からの視線を気にすることなく家族だけのプライベートな時間を思う存分楽しめます。住宅地にありながらいつも身近に空が感じられ、開放感を味わえる空間はとても快適ですね。手すりの向こうは1階中庭の吹き抜けとなっており、1階の気配が中庭を通して伝わってくるのもポイントです。

落ち着きのある和室

現代の住まいは和室を設けていない住宅も多いと思いますが、気軽に畳の上にゴロリと横になれたり、お客様が来た時はゲストルームとして利用出来るので、家の中に畳スペースがあると生活の豊かさが一段アップします。この住まいの和室は中庭に面して開口を設けているため、デッキに腰かけて中庭のシンボルツリーを眺めながらのんびりすることも可能。塀に囲まれた作りなので静けさを堪能でき、ホッと心が癒されそうですね。

住宅地の中にあるコートハウスについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!