次世代へ引き継ぐ家: 松井建築研究所が手掛けたリビングです。

リノベーションで生まれ変わった築80年の家「土間空間のある家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

自分の家を持つ際に新しく家を建てることを考える人が多いかもしれません。それの魅力は新しい建物に住むこと。ですが自分の家を持つには他の方法もあります。それは古い家を新しい空間にリノベーションすること。そこでは新しい家には無い特別な雰囲気を得ることができます。今回紹介したいのは松井建築研究所が手がけたリノベーションです。そこでは古い空間が現代の生活に対応したものに生まれ変わっています。

築80年の家のリノベーション

今回リノベーションが行われるのは都内の閑静な住宅地にある家。建てられてから既に80年の年月が経っていました。そこに若い家族が住むことになります。そのため建物は大規模な再生工事が行われることになりました。もちろんただ改修するわけではありません。建物には魅力的な座敷があります。こうした空間を残す一方で、現代的な生活に対応する新しい生活空間が作られることになりました。

昔ながらの屋根瓦

木造2階建ての建物は重厚な雰囲気を感じさせるものになっています。それを感じさせるのは昔ながらの瓦屋根。通常リノベーションを行う場合、改修工事に合わせて屋根瓦は新しいものに置き換えられることが多いのですが、ここでは古い屋根瓦を敢えて使い、建物が持つ歴史を感じられるようになっています。もちろん、それだけでなく一枚一枚をビスで固定させており、現代の基準に合う地震対策も行われているのです。

建物の雰囲気を守るキッチンやダイニング

古い建物をリノベーションするにあたって、重要となるのはキッチンやダイニングルームかもしれません。というのも古く使い勝手の悪いキッチンやダイニングでは現代的な生活を送ることができないからです。キッチンの設備は現代的なものでL字カウンターは機能的な空間を作りだしています。ただし設備全体が木目調にまとめられており、建物が持つ雰囲気を乱すことはありません。ここでは現代と過去とが上手く組み合わせられているのです

暖かみが感じさせる空間

建物内で感じられるのは木の存在感。木の床や天井、そして柱が建物内では多く見かけることになります。そして木が持つ暖かさを感じることになるでしょう。このような空間を一層暖かなものにするのは土間に設けられた薪ストーブ。それは木の家を視覚的だけでなく実際に暖かくするのです。そして暖かさを感じながら心地良い生活を送ることを可能にしてくれるでしょう。

リノベーションで出会う現代と過去

古い建物となると時代遅れな空間が多く、現代的な生活を送れなくなることがあります。だからと言って新しい家では、建物が持つ歴史のような深みを感じることができません。ですがリノベーションを行えば、古い建物の雰囲気を残したまま現代的な生活ができるのです。このようなリノベーションされた家では、新築の家では得られないような深みのある空間を楽しむことができるでしょう。

撮影:野秋達也

リノベーションについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!