古民家再生プロジェクト5軒 | homify Japan
上殿の家 古民家再生工事: TOM建築設計事務所が手掛けたです。

古民家再生プロジェクト5軒

古民家再生プロジェクト5軒

Y. Y. Y. Y.
Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

近年流行の古民家。長い時を経てしっとりとした佇まいの空間は、どこかノスタルジックな雰囲気を漂わせており、カフェやショップとしてもよく使われていますね。でも古民家というと、隙間風が寒そう、室内が暮らそうなど、実際住むのには不便そうなイメージをお持ちのかたも多いことでしょう。そこで今回ご紹介するのは、古民家のリノベーション。古い家の良さを生かした、趣のあるお住まいが勢ぞろいです!

ノスタルジックなキッチン

東京都の建築オフィス、Gプラニングアソシエイツが手掛けたのは、築140年に及ぶ古民家の再生です。クライアントのお祖母様が亡くなられてから30年ほど使用されていなかったこともあり、野生動物の住処となっていました。こちらはリノベーション後のキッチン。新しく甦ったキッチンは、ノスタルジックな趣を残しつつも、使い勝手の良さそうな造作が魅力的ですね。全面ガラスとされた開口からは、何十年も前に植えられた植栽が眺められます。こちらは、「廃墟寸前だった古民家リノベーション実例」で詳細をご覧いただけます。

写真:Gプランニング

和モダンな空間

広島県のTOM建築設計事務所が手がけたのは、こちらの古民家再生プロジェクト。和モダンな趣が美しい、しっとりとした生活空間です。こちらはキッチンとダイニングの様子。奥のダイニングはキッチンよりも数段高めに作られています。ダイニングには掘りごたつがあり、そこに座る人とコミュニケーションが取りやすい設計ですね。まるで木の香りが漂ってきそうな真新しい木材に、アンティークの家具がよく映えています。こちらのお住まいは、古き良き趣が蘇る。古民家再生リノベーション「上殿の家」で詳しくご紹介しています。

旧家の趣を受け継ぐ

株式会社 創芸がリノベーションを手掛けたのは、築85年の古民家。クライアントご夫婦のためのお住まいです。こちらはリビングからダイニング・キッチンを眺めた様子。天井高を上げた為に、広々とした空間が楽しめますね。露わになった天井の梁もダイナミックです。ガラス戸を通して見える庭の様子も美しく、四季折々の姿を楽しめることでしょう。良いものを残しつつ、現代生活に合わせて便利な生活空間とした好例でしょう。こちらは、築85年の古民家をリノベーションした「牟礼の家」で詳細をご覧いただけます。

週末住宅としての、古民家再生

石井建築設計事務所が設計を手掛けたのは、築約140年の伊香型古民家の再生プロジェクト。もともとは集落の中心に位置する診療所兼住宅であったこの建物は、週末住宅としてリノベーションが行われました。約30年もの間空き家だったこともあり、腐朽が進んでいましたが、クライアントの強い思いと、建築家の手腕により、堂々とした美しい姿を蘇らせました。フローリングとされた室内や、いくつもの電球を吊り下げた様子が、どこかモダンなイメージです。こちらのプロジェクトは「廃墟が現代に蘇る!古民家再生リノベーション」で詳しくご覧いただけます。

新しい家の古い素材

最後にご紹介するのは、木の家設計室アトリエ椿が手掛けたプロジェクト。こちらは、古民家再生と合わせて増築したお住まいです。ですから、この家自体は民家のリノベーションではないのですが、一部取り壊した既存部の梁を移築しており、古い家の記憶を繋いでいるという興味深いプロジェクトです。こうして時を超えてつながる二つの家での暮らしは、きっと特別なものになることでしょう。こちらは、homify-360°:暮らしと記憶を繋ぐ家「古民家と新しい木の家」で詳しくご紹介しています。

この記事について感じることはありますか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!