今週のベスト5アイデアブック (6月7日)

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今週最も読まれた5本のアイデアブックを紹介します。どんな記事が多く読まれているかを知ると、多くの人が求めているデザインや建築がわかるかもしれません。是非今週のベスト5アイデアブックをチェックしてみて下さい!

1位、ゲストに自慢したくなる!魅力的なキッチンを備えた住宅五選

T House ―築100年の納屋をリノベーション―: 一級建築士事務所オブデザインが手掛けたキッチンです。
一級建築士事務所オブデザイン

T House ―築100年の納屋をリノベーション―

一級建築士事務所オブデザイン

開放的なオープンプランの住宅が増える昨今、キッチンも個室ではなくリビングとつながった空間として構成されることもしばしば。ということは家を訪れたゲストもキッチンを目にする訳です。そんな時、自慢できるような魅力的なキッチンがあれば嬉しいですよね。今回はそんなキッチンを備えた住宅を国内の事例から五軒ご紹介します。

2位、心地良いだけじゃない、機能的で魅力的な中庭のある家

中庭はプライバシーを確保した外部空間として、もう一つのリビングとして、緩衝地帯としてなど様々な役割を持っています。もちろん日光や自然を身近に感じリラックスできる空間でもあります。今回は魅力的な中庭を持った住宅を五軒紹介します。

3位、傾斜地を活用した「小さくて広い家」

日当たりがよく、眺望が素晴らしいこと、それは傾斜地住宅の最大のメリットです。もちろん、眺望が望めるという事はそれだけ昇り降りのある場所でもありますが、上下層を緩やかに繋げると思うほどストレスを感じないものです。今回の傾斜地に建つ住宅はSTUDIO R1 ARCHITECTS OFFICEの提案によって土地の形状を活かしながら敷地に沿うようにして、施主ご夫婦の対照的な要望をバランスよく取り入れた、子供4人と住まう小さいながらも空間が最大限に広がる「家」となりました。

4位、現代にちょうど良い賃貸長屋のカタチ「sora」

長屋とは江戸時代より一般的に都市など限られた地域に多くの人が暮らすために考えられた機能的な住まいです。本来は家族のような共同体かであるように物の貸し借りや、大人が長屋の子供を見あったりと互いに補い合えるような、大家を中心として暮らしを快適に過ごすことが可能でした。しかし時代と共に地域の人との関わり合いの形態も移り変わり、一定の距離を置くことが多くなりました。そこで、長屋の特徴を活かしつつも、現代人に調和のとれた近隣との関わりや、自然を巧みに取り入れた長屋のカタチが【快適健康環境+DESIGN】森建築設計によって実現しました。

5位、美しい庭を楽しむ家「庭つくりの家」

家の空間で重要となるのは住むことに必要な空間。ですが、それ以外のものも生活に大きな影響を与えます。例えば、庭はその1つと言えるでしょう。それは最も身近な自然になったり、心地良い生活を演出してくれます。今回紹介したいのは、そんな庭を活かした住まい。それを手がけたのは神谷建築スタジオ。建てられた「庭つくりの家」は、庭を存分に楽しめるものになっています

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!