見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

ラスティックな魅力を持ったパティオハウス

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

メキシコ・メリダに立つこちらの住宅は”パティオハウス”と呼ばれています。土地で採れた素材を使用した、気候風土に適応する快適な住居です。手掛けたのはStudio360。さっそく見ていきましょう!

外観

外観は地元で採れた石材で造られた台座の上に、白いキューブが載っているような個性的な佇まいです。角地という敷地に対して私道と石材の壁は緩やかなカーブが付けられおり、エレガントかつ余裕を感じさせる大らかな印象です。白いメインのボリュームには全面にガラスが使用されて、ラスティックな石材とモダンさの対比が興味深い効果を生んでいます。

プライバシー確保と装飾性

道路に面している部分は閉じられたファサードでプライバシーを確保しています。しかし、ベージュから黄色へのグラデーションを持つ温かい色調の石材を使用しているため、冷たい印象にはなっていません。むしろ豊かな色彩を楽しむことができるこの塀の装飾性の高さによって、魅力的な表情となっています。

名前の由来

”パティオハウス”は当然のことながら、その魅力的な中庭からその名前が付けられています。シンプルなデザインで広々としたこの中庭はこの家の魅力のひとつ。敷地に元々生えていた樹木をそのまま残すことで、より自然な野性味を庭に追加しています。建物は庭に面して大きな開口部と深い庇、その下に広いテラスを設置して内部と外部の接続性を強めています。

キューブ型の階段室

階段室はキューブ型で開口部が大きく取られた印象的なスペースです。自然光をたっぷり室内へ届けると同時に、階段を上下する度に二方向の異なる景色を楽しむことができます。裏庭に面した部分もガラスの壁にすることで、より美しく装飾性の高い空間となりました。

テラス

こちらが庭に面したテラススペース。深い庇が強い直射日光や雨から住人を守り、いつでも快適な屋外空間を楽しむことができます。木製の天井と石材の壁の組み合わせによって、ラスティックな天然素材の魅力を存分に堪能できるエリアとなっています。

機能的な壁

角度を変えて見てみると、外観写真二枚目にもあったこの壁は敷地を囲んでいるのではないことが分かります。道路側からは十分に視線を遮りつつ、内側からは圧迫感の無い広々とした視界が広がっているという戦略的なレイアウトです。立体が交差しているような構造もダイナミズムを感じさせますね。ライトアップされる夜間は、昼間とは異なるロマン溢れる表情を見せてくれます。

夜景

夕暮れから夜間は室内からの光がぼんやりと庭を照らします。根元からライトアップした大きな木も独特の存在感を放ち、静かな特別な時間を提供してくれます。友人とお酒を傾けながら語り合ったり、家族で星空を見上げたり。庭が生活の中心となるメキシコのパティオハウスでした。

ラスティックな魅力を持った家いかがでしたか?ぜひ感想を教えて下さいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!