Big Small: 株式会社プロトハウス事務局が手掛けたリビングです。

シンプルコンパクトな平屋 – 小さな空間が生み出す特別な暮らし-

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

快適な家と何を思い浮かべるでしょうか?多くの人は広々とした家を想像するでしょう。ですが広々とした家ばかりが素晴らしい住空間を生み出す訳ではありません。コンパクトな住まいも心地の良いスペースを作り出すのです。そこで紹介したいのは株式会社プロトハウス事務局が手がけた住宅。それは決して大きくはない住まいに居心地の良い空間を生み出しています。そして気持の良い暮らしを可能にしているのです。

切妻屋根が印象的な外観

今回家が建てられたのは福岡県の住宅地。周辺には畑などがあり、のどかな風景が広がっています。都会の住宅とは違って間近に隣家が迫ることはなく、ゆとりのある空間が生み出さています。そんな場所に建つのは平屋の木造住宅。大きな三角形の切妻屋根があり、それは大きな特徴となっています。外壁には腐りにくい木材「モチスギ」を縦方向に貼り付けており、美しい模様を生み出しています。そして木の家特有の暖かな雰囲気を感じさせてくれるのです。

コンパクトな住まい

このような本住宅ですが、決して大きな建物ではありません。建物の大きさは僅か16坪。それは50平方メートルほどです。非常に小さな土地に建てられる小さな建物のことを狭小住宅と言いますが、本住宅もそれに近い大きさです。ですが、ここでは狭い空間に様々なものを詰め込むのではなく、すっきりとした機能的な住まいにしているのです。そして住み心地の良いコンパクトな住まいとなっているのです。

開放的で個性を感じさせる空間

16坪というコンパクトな住まいの中には印象的な空間が生み出されています。玄関を開けると、まず目に飛び込むのはモダンな土間の広がるスペース。その奥にはリビング、キッチン、ダイニングが一体となったLDKが広がっています。建物は平屋ですが、屋根裏となる空間がないため天井は高く、広がりを感じることができます。家の中の壁は色の異なる木材をパッチワークのように貼り付けて、美しい模様を生み出しています。そのため、開放感な個性のある空間となっているのです。

ロフトで空間の有効活用

コンパクトな住まいといっても、その機能が限られているわけではありません。本住宅は天井が高い空間となっていますが、それを活かしたスペースが設けられています。それはロフトです。そこは書斎として使えるだけでなく、収納空間としても利用することができ、限られた空間を有効活用できるようになっています。ここでは暖かな印象を与える木の屋根が近くに見えて、家の至るところで使われている木の存在感を強く感じることができるでしょう。そしてナチュラルな雰囲気を楽しむことができるに違いありません。

「偉大なる小ささ」を可能にする住まい

このような本住宅はただの使い勝手の良い住まいではありません。断熱材にはセルロースファイバーを使い、窓枠には樹脂サッシを採用しています。そのため高気密高断熱の高性能住宅となっているのです。そのため小さくても、印象的な空間が作られ、そして高性能な住まいとなっているのです。そんな本住宅に付けられた名前は「ビックスモール」。その「偉大なる小ささ」という意味通り、住み心地の素晴らしい家となっているのです。

シンプルコンパクトな平屋について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!