吹き抜けが家族を繋ぐ: スタジオ・ベルナが手掛けた家です。

採光と吹き抜けが気持ちいい家族の家

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

ガラスを大胆に使った住宅は、デザインがおしゃれで多くの人が憧れるかもしれません。一方で、生活の様子が見られてしまうかも、とプライバシーの確保に不安な部分も。家族が他人の目を気にせずのびのびと生活でき、かつ採光のいい住宅にはどんなアイデアが必要なのでしょうか? 今回ご紹介するのは、プライベートな空間をきちんと守りつつも、採光と吹き抜けが気持ちいい家族の家です。山梨県をベースに活動するスタジオ・ベルナによって手がけられました。

地下階にある中庭と大胆な吹き抜け

吹き抜けが家族を繋ぐ: スタジオ・ベルナが手掛けた家です。
スタジオ・ベルナ

吹き抜けが家族を繋ぐ

スタジオ・ベルナ

クライアントの家族構成は夫婦と子供が3人の計5人家族。建物全体は、地下1階、地上2階の3層構造になっています。特徴的なのは、地下階に中庭を作り、地下1階から地上2階までが吹き抜けとなっていること。ガラス張りのダイナミックな作りはモダンでおしゃれな印象で、採光のいい住宅になりました。夜は照明の効果で家族の生活を美しく浮かび上がらせます。

開放感あふれる3層構造

吹き抜けが家族を繋ぐ: スタジオ・ベルナが手掛けたベランダです。
スタジオ・ベルナ

吹き抜けが家族を繋ぐ

スタジオ・ベルナ

こちらは地下の中庭から吹き抜けを見た様子。中庭は地下階ですが、南に面しているので日中の日当たりは良好です。また、こんなに開放的で採光のいい住宅でも、外の道路側からはこちら側の様子が見えないよう工夫された設計となっています。

視覚効果で奥行きのあるリビングに

吹き抜けが家族を繋ぐ: スタジオ・ベルナが手掛けたリビングです。
スタジオ・ベルナ

吹き抜けが家族を繋ぐ

スタジオ・ベルナ

こちらは、地下から2階の吹き抜けの真ん中に浮島のように位置する一階のリビングルーム。吹き抜けとガラスファサードの効果で、空間に視覚的な奥行きができました。右側は玄関用のスペースで、一面に姿見として使える鏡が設置され、それが空間を広く見せる効果も担っています。

日当たり良好なダイニングキッチン

吹き抜けが家族を繋ぐ: スタジオ・ベルナが手掛けたダイニングです。
スタジオ・ベルナ

吹き抜けが家族を繋ぐ

スタジオ・ベルナ

こちらは、地下階にあるダイニングとその向こうに見えるのがキッチンです。ここで自然光を感じながら、ゆったりと料理をするのも楽しそうです。とはいえ、直射日光が強すぎてしまっても困るので、それを遮るためにガラス面に作り付けの食器棚を設置するなど工夫も施しています。吹き抜けの効果で、例えばお母さんが長い間地下階のこのキッチンに立っていても、家全体の様子を感じ取ることができます。

地下まで届く採光と自由に使えるスペース

吹き抜けが家族を繋ぐ: スタジオ・ベルナが手掛けたベランダです。
スタジオ・ベルナ

吹き抜けが家族を繋ぐ

スタジオ・ベルナ

これは地下にある子供部屋へ通じる渡り廊下部分ですが、ユーティリティスペースとしても使えます。右側のガラス面に設置されているのは、布団を干すために使えるパイプ。ここなら日当たりがいい上に、布団を干している様子を隣人に見られる心配もありません。天気のいい日にここで読書を楽しんだり、日向ぼっこをしたり、子供と遊んだり、とスペースの使い方は無限大。左側には子供たちの部屋があります。

採光のいい住宅のプライバシーを守る工夫

吹き抜けが家族を繋ぐ: スタジオ・ベルナが手掛けた家です。
スタジオ・ベルナ

吹き抜けが家族を繋ぐ

スタジオ・ベルナ

こちらは西側道路沿いにあるファサード。内部の開放的な雰囲気が見える、ガラス張りのファサードとは一転して、シンプルなデザインです。窓の設置もこちら側は控えめ。でもこのおかげで、室内が強い西日を受ける心配はありません。また、このファサードは外からは生活の様子は見えないように、プライベートが守られる役割もきちんと果たしています。家族も周囲の目を気にせず気持ち良く生活できることでしょう。採光のいい住宅には、一方でこのような配慮も必要なのです。右側には一階駐車スペースへの入口となるスライド式のゲートが見えます。

採光と吹き抜けの気持ちいい家族の家、いかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!