木材を使用した印象的な天井を持つ住宅五選

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

フローリングやウッドテラスなど木材を使用した床は素足に気持ちの良いもの。では天井はどうでしょうか。床同様大きな面積を持ち、寝転がれば視界いっぱいに広がるそれが木材によるものだとしたら。まるで木々に包まれているかのように心地良く、温かみを感じさせる快適な空間となることでしょう。今回はそんな木材の天井を持つ印象的な住宅を五軒ご紹介します。

三本松の家

三本松の家 (House in Sanbonmatsu): gramdesignが手掛けたダイニングです。
gramdesign

三本松の家 (House in Sanbonmatsu)

gramdesign

鳥取県米子市に建てられたこちらの家は、四方を道路に囲まれているという悪条件の敷地ながら家族のプライバシーを守る快適な住宅となっています。道路側には開口部がほとんど無く、堅牢さを感じさせる閉じられた外観ですが、その分中庭に向かって大きな開口部を取った開放的なデザインで室内に十分な光を取り込んでいます。天井には外壁同様、木目が優しく滑らかな質感を持つ木材を使用してリッチな素材感を楽しむことができる室内空間となっています。

京丹後のリノベーション

こちらは京都府峰山町の住宅地に位置するリノベーション物件。倉庫として使用されていた元機織り工場を住宅として再生させました。元工場ならではのスケールの大きさ、木造ならではの木組みの美しさを生かした空間となっています。天井は力強い梁や迫力のある木組みが残されており、ミニマルなコンクリートの床との対比が魅力的です。天井と床の素材を統一するか、またはこのように上下で素材感の違いを楽しむのも良いですね。

庭作りの家

愛知県の住宅地に建てられたこちらの住宅は神谷建築スタジオによるもの。造園家であるクライアントのための住宅です。敷地に広がる日本庭園と調和するようデザインされたこの住宅は、自然素材が生かされた和の趣を感じる美しさ。写真の和室は建具を開放すると庭と一体化するような開放的な空間に。木材の天井、い草の畳、そして眼前に広がる庭がそれぞれ呼応し合い、静かに包み込まれるような感覚を覚える美しい空間です。

回遊テラスの家

二階をぐるりと一周できる回遊テラスを持つこの住宅は横山浩介建築設計事務所によるもの。周囲の豊かな自然を室内に取り込むような開放的で明るい住宅となっています。そして室内の天井だけでなく二階の庇内側にも木材を使用しており、内と外の境界を感じさせないデザインとなっています。晴れた日には青空を、夜は浮かぶ月や星を眺めて過ごす時間は格別。

鵜沼の家

こちらは建築家自邸。平野から山地に切り替わる段差のある敷地を生かし、玄関側から見ると平屋建て、反対側から見ると二階建てという構造になっています。木材とコンクリートが組み合わされたモダンでありながら温かみもあるこの住宅には、眺望を楽しむことができるダイニングルームがあります。三方向が開口部という開放的で見晴らし抜群のこの部屋からは、緑豊かな田園風景を180°のパノラマで楽しむことができます。毎日の食事が特別なものになりそうですね。

木の天井を持つ家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!