素敵なシャワールームを作るには

mami.k mami.k
Loading admin actions …

日本では、シャワーブースはただ身体を流すためだけの空間になりがちですが、欧米ではリフレッシュタイムを過ごす場所として重要な役割を与えられている場所です。せっかくのバスタイムをより気持ちよく過ごすために、シャワールームにも工夫を凝らしたいですね。スタイリッシュで素敵なシャワールームを作るための必見アイディアを6つご紹介いたします。

ゆとりのある配置でラグジュアリーに

ARKITURA GmbHが手掛けた浴室
ARKITURA GmbH

Wellnessoase

ARKITURA GmbH

ドイツの建築家によるこちらのバスルームは、シャワースペースとバスタブがゆとりを持って配置されており、広々とした開放感を感じるとともに欧米の、シャワーを浴びることとバスタブに浸かることを別個に考えられている文化が伺えます。シャワーを浴びてさっぱりとリフレッシュし、そして少し歩いて今度はバスタブでゆったりとリラックスしに行くというような、贅沢なバスタイムを過ごせそうな空間です。

間接照明で大人の雰囲気を作る

兵庫に建てられたこちらのサマーハウスの浴室は、そのロケーションを活かした大展望が印象的な開放感のある空間です。景色を楽しむためにも、照明は極めて控え目です。バスタブの下からぼんやりとフロアを照らしだす間接照明がお洒落で大人っぽいムードを作り上げていますね。リラックスする場所だからこそ、このような穏やかな明かりをもたらすアイディアを真似したいですね。

黒いタイルでシックに

こちらは ミズタニ デザインスタジオによって、学習塾だったというマンションの一室がリノベーションされた住宅のお風呂です。落ち着いた色合いで統一された室内と同じく、こちらの浴室も黒いタイルがシックで大人っぽい空間になっています。照明も控え目ですが、入り口とリビングへ向けて開けた窓がガラス張りで大きいので、暗色を使ったコーディネートでも圧迫感がなく開放的です。黒の細かいタイルが、モダンなバスルームを演出していますね。

ユニークな素材のシャワースクリーン

Raffaello Galiottoが手掛けたスパ
Raffaello Galiotto

I marmi del Doge

Raffaello Galiotto

こちらはイタリアのデザイナーによるシャワースクリーンです。細長くカットされた大理石を連ねることで円筒形を作り上げ、石材でありながら柔らかい印象があります。高級感のある素材の硬質な雰囲気と、その滑らかなフォルムの融合がなんともユニークなシャワールームを演出しています。日本よりもシャワーを使うことの多い欧米らしく、こだわりを感じるシャワースクリーンですね。

固定式シャワーヘッドで欧米風に

Nextrend GmbHが手掛けた洗面所&風呂&トイレ
Nextrend GmbH

Walk-In Duschabtrennung – 80cm hohes Glas zum Aufsetzen auf eine vorgemauerte Wand

Nextrend GmbH

日本で一般的な手持ちで自由に動かせるシャワーはとても使い勝手の良いものですが、欧米の映画で観るような固定式のシャワーヘッドに憧れたことはございませんか?立った状態で身体を流すという形式が一般的な欧米のシャワールームには、様々な形の固定式ヘッドが見られます。こちらの木製のスクリーンに囲まれたシャワールームには、鋭角的な形がモダンなシャワーヘッドが取り付けられています。四角柱の支柱や、正方形のヘッドがとてもスタイリッシュですね。

大きな窓で広く見せる

自然の風合いを活かした浴室: 根來宏典建築研究所が手掛けた浴室です。
根來宏典建築研究所

自然の風合いを活かした浴室

根來宏典建築研究所

せっかくのリラックスタイムですので伸び伸びと過ごしたいものですが、残念ながら都市部の住宅などではシャワールーム自体に広いスペースを取ることが出来ないのが現実かもしれません。こちらの住宅も周りを建物に囲まれた、三十坪とあまり広くない土地に建てられた都市型住宅です。シャワールームもそれほど大きくない空間ですが、こちらは奥のデッキに続くよう開口部が設けられているため、外への繋がりを感じられるようになっています。大きなガラスの窓が視覚的にも広々とした印象を与えていますね。

シャワーを浴びる時間も大切にしてより良いリフレッシュタイムをつくりましょう。コメントお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!