シナの木と白い家: 高橋真紀建築設計事務所が手掛けた家です。

homify360°:小さな敷地でも広がりが感じられる家「シナの木と白い家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

日本の家で問題になるのが家を建てる敷地の狭さでしょう。特に大都市では多くの人が住んでいるため広い敷地を確保するのは簡単ではありません。そこで考えられるようになったのは、小さな敷地に家を建てること。今回紹介したいのも、そんな敷地に建つ家です。それを手がけたのは高橋真紀建築設計事務所。建てられた「シナの木と白い家」では、敷地の狭さを感じさせない心地良い空間を生み出しています

小さな敷地に建つ家

今回家が建てられたのは埼玉県の住宅地。その周辺には多くの住宅が建ち並び、軒を連ねています。もちろん、そこで問題になるのは敷地の大きさ。敷地面積と呼ばれる家が建てられる土地の大きさは、わずか38.05㎡(約12坪)しかありません。それでは普通の家を建てることだけでなく、快適に住める空間を作ることも難しいでしょう。そのため狭くても快適に住むことができる空間が考えられたのです。

シンプルでモダンな外観

建物の外観は住宅地の中で強い印象を与えるでしょう。建物は木造3階建てとなっており、その屋根は周りの住宅から飛び出ているように見えます。建物を目立たせるのは、その高さだけではありません。外壁は白色にまとめられており、シンプルでモダンな印象を与えます。夜になれば、建物の両端に設けられたガラス窓から室内の明かりが外にもれて、美しさを感じさせます。

家の中を明るくする吹抜けと階段

このような建物の中にあるのは明るさを感じさせる空間。その両端には吹き抜けと階段があります。吹き抜けは決して大きくありませんが、1階から3階までを繋げて、他の階に明かりをもたらすことになります。階段が持つのも同じような役割。それは吹き抜けとは反対側に設けられており、移動のための空間になります。ですが段板と手すりのシンプルな構成となっているため、他の階に明かりをもたらすことができるのです。

広がりが感じられる空間

吹抜けや階段では天井や床、そして壁といったものが排除されることになります。そのため視界を遮られることはありません。それがもたらすのは広がりや開放感。吹抜けや階段の外壁側にはガラス窓が設けられており、外との繋がりを生み出します。それは圧倒的な広がりを感じさせ、同時に家の中に多くの明かりをもたらすのです。

狭い敷地でも心地良い生活

わずかな広さしかない敷地。それは多くの問題を生み出します。例えば、狭さはその最たるもの。ここでは階段や吹き抜けで空間の繋がりを生み出して、広がりを感じさせます。また外からの光を取り込み、家の中に光が広がるようにすることで、明るい空間を生み出しているのです。このような住まいでは、その敷地の狭さを感じることなく、心地よい生活を送ることができるでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!