開口の大きな住まいの魅力と押さえておきたいポイント

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
稲沢の家, H建築スタジオ H建築スタジオ Commercial spaces
Loading admin actions …

開口の大きさというのは、窓の機能である採光・通風・眺望といったものに直接影響することです。最近では、窓の大きさを大きく広げた魅力的な住まいも多く見られます。では、そんな開口の大きな住まいの良さというのは一体何なのでしょうか。今回は、その魅力と窓を大きくする上で押さえておきたいポイントを紹介していきたいと思います。

開口の大きさが生み出す開放感

開口が大きいことによる一番の魅力は何と言っても、住まいに圧倒的な開放感をもたらしてくれることでしょう。特に、こちらの住まいのように窓からの景色が開けている場合、外の風景をそのまま生活空間に取り込むことができ、非常に清々しく気持ちのいい住まいになるでしょう。また、開口部分に柱がないことも開放感を生み出している1つの要因となっています。

風通しの良さ

窓の大きさが大きくなることで、もちろん通風性も向上します。それを上手く利用しながら工夫することで、エアコンが必要ない住まいとすることもできるでしょう。より風通しを良くするためにも、高窓などを使ったスムーズな空気の流れを家の中に生み出すこともポイントです。風通しの良い住まいは、「風通しも眺めも最高!開口がぐるっと囲う平屋の住まい」でも紹介していますので参考にしてみて下さい。

屋外とのつながり

せっかくの自宅の庭をもっと使いやすく居心地のいい場所にしたいという方は、庭へとつながる開口を大きくすることも1つの方法です。それにより室内と屋外の結びつきが強くなり、気軽に頻繁に中と外を行き来できるような住まいとすることができるでしょう。また、そうした屋外空間との強いつながりは、視覚的にも身体的にも住まいの開放感もより強く感じさせてくれます。

外からの視線が入ってこない工夫

大きな開口を設ける際に押さえておきたいポイントは、外からの視線が入ってこない工夫をすることです。せっかくの大きな窓も道を通る人の視線が入ってきてしまうと、日中でもカーテンを閉めきってしまうなどでその魅力が台無しになってしまいます。計画段階からしっかりと建築家との話し合いながら、その点にも意識していきましょう。こちらの石井秀樹建築設計事務所が手掛けた住まいでは、中庭を家の中に組み込むことで、外部の視線が全く入ってこない明るく開放的な室内を実現しています。

写真:K.Torimura

開口の断熱性を十分考慮

homify クラシックデザインの リビング

開口の大きさが大きい場合には、その断熱性を十分に考慮してあげることもポイントです。住宅の中で最も熱の出入りが激しい場所が窓です。小さな窓でもそうですが、大きな窓なら尚更その断熱性に注意して、夏や冬の冷暖房効率を高めていきましょう。開口の断熱性については、窓ガラスだけに意識がいきがちですが、窓サッシからも熱が移動したり、結露が生じてしまいますので、窓ガラスに加えて窓サッシの断熱性についてもしっかりと考慮していきましょう。

窓の開き方

大きな開口ではどのようにして窓を開けるのかということも使いやすさや開放性に影響する非常に重要なポイントです。こちらのような引き戸や折れ戸などを用いて開口を全開できるようなかたちにすることで、住まいの開放感もより気持ちのいいものになってきます。場合によっては、屋外スペースを室内のようなかたちで使えるようにもなってきれます。大きな窓にする際は、実際の使う様子をイメージしながらその開き方もこだわっていきましょう。

あなたの住まいの窓も大きくしてみませんか?コメントをお待ちしています!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!