ミニマルな住宅で豊かな生活を

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

広々とした空間と豊富に取られた開口部、シンプルな形状と色を持った住宅が昨今のトレンドです。それは無駄を省いたデザインで機能的かつ魅力的なミニマルなデザイン。本日紹介するのもそんなミニマルな魅力に溢れたSkandella Interior Architectureによる一軒です。風光明媚な南ドイツに立つこちらの住宅、さっそく見ていきましょう。

外観

現代の住宅は多くがバウハウスに触発されたものとなっており、こちらの住宅もまた然り。二階建ての家を形成するのは2つのボリューム。クリーンな直線による構成でミニマルな魅力が引き立つ佇まいです。エントランスポーチの植生にも注目。建物に合わせてキューブ型に刈り込んだ庭木が有機的な魅力を追加しています。

庭側外観

反対側のファサードはこちら。 やや閉じられた正面外観とは異なり、庭に向かって豊富に取られた開口部が印象的です。室内に自然光がたっぷり注ぎ、周囲の緑豊かな景観を楽しむことができます。真っ白な外壁と黒く縁取られた窓枠とのコントラストが外観の印象を引き締めて、すっきりとした佇まいに見せています。夜間は照明効果によりドラマチックな雰囲気となります。

構造

違うアングルから見てみると構造のダイナミックな魅力がよく伝わります。各箇所に取られたオープンスペースがキューブ型の建物に活力を与え、モダンなスタイルを強調しています。二階は広いバルコニーが設置され、日光浴を楽しんだりアウトドアリビングとしたり快適な外部空間を形成しています。

オープンプラン

住宅面積は283㎡。 一階はオープンプランの広々とした空間です。さらに大きな開口部から広い庭を見渡すことができ、より開放感を感じることができます。外観同様白でまとめられたインテリアと豊かに茂る緑とのコントラストが美しいですね。リビングエリアの大きな魅力は中央に見える暖炉。ガラス張りのとてもモダンなデザインで空間の仕切りとしての役割も果たしています。また、一部が薪を収納するスペースとなっており、ミニマルな空間にラスティックな魅力を加えています。

​キッチン

キッチンは輝くような白と明確なラインで作られたミニマルで機能的な空間です。豊富で実用的な収納スペースと近代的な設備を備えており、誰もが快適に作業に集中できるキッチンです。広過ぎず狭過ぎないサイズ感も完璧。

​バスルーム

Skandella Architektur Innenarchitekturが手掛けた浴室
Skandella Architektur Innenarchitektur

Elternbad mit individuell geplantem Waschtisch

Skandella Architektur Innenarchitektur

こちらはバスルーム。白からコンクリートのグレーへのグラデーションがミニマルかつ優しげな雰囲気を作っています。艶やかなステンレスの照明が華やかさを加え、それを映し出す大きな鏡が空間をさらに広く見せています。

ミニマルデザインの魅力伝わりましたか?ぜひ感想を教えて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!