ダイニングテーブルの選び方

AYUMI SAITO AYUMI SAITO
Loading admin actions …

食事をとるダイニングルームで欠かせないものは、ダイニングテーブルです。テーブルも、部屋のサイズやデザインに合わせて賢く選びたいですよね。今回は、ダイニングテーブルの選び方をご紹介します。

形を考える

ダイニングテーブルの選び方を考える上でまず考えたいのが、テーブルの形です。部屋の作りによって合うテーブルの形は変わってきます。細長い空間であれば、長方形のテーブルが最適です。空間にゆとりがあるのであれば、円形のテーブルを検討してみても良いかもしれません。オシャレ度が上がりますよ。小回りがきくのは、正方形のテーブルです。空間が狭くても、壁の一面に合わせて配置したりと工夫を効かせることができます。

こちらは京都市の建築家豊田空間デザイン室 一級建築士事務所が手がけた細長いダイニングルーム。合わせて長方形のダイニングテーブルを配置し、空間を有効活用しています。

木材のダイニングテーブル

守山の家: Nobuyoshi Hayashiが手掛けたダイニングです。
Nobuyoshi Hayashi

守山の家

Nobuyoshi Hayashi

ダイニングテーブルの選び方で次に考えたいのが、素材です。日本では特に、木材のテーブルが人気です。それは、あたたかみのデザインが多いことと、日本の木造建ての部屋にマッチングしやすいからです。一口に木材といっても、数え切れないほどの木の選択肢から選ぶ事になります。国産がいいのか、外国産でもいいのか、どんな色合い、触感のものがいいのか、と好みに合わせて適した木材に絞っていきましょう。

こちらのモダンなダイニングルームでは、チーク素材のテーブルを選びました。チークは、美しい木目と強靭な耐久性が特徴の高級木材です。チーク材の濃い茶色が美しい空間を生み出していますね。

ガラス素材のダイニングテーブル

ベネツィアンモザイクタイルが映えるホワイトを基調とした上品な空間: QUALIAが手掛けたダイニングです。
QUALIA

ベネツィアンモザイクタイルが映えるホワイトを基調とした上品な空間

QUALIA

木材に次いで人気なのが、ガラス素材です。モダンな空間を作りたい場合は、ガラス素材のテーブルが活躍しますよ。こちらのモダンなダイニングルームでは、ガラス素材のテーブルに、黒色のデザインチェアーを合わせました。洗練された上品な組み合わせです。

大理石のテーブル

高級感のあるダイニングルームにしたいのであれば、大理石素材のダイニングルームを取り入れるといいでしょう。大理石は、耐久性に優れていること、汚れにくいことから人気のある素材です。こちらのダイニングルームでは、ホワイトベースの大理石テーブルを取り入れました、ダイニングルーム全体は、シンプルなデザインですが、大理石テーブルを置くことで、空間が引き締められています。

特殊素材のテーブル

木やガラスといった素材だけではなく、特殊素材のテーブルもバリエーション豊かにそろっています。特殊素材のテーブルの優れたところは、テーブル自体のアレンジに幅があること。こちらのテーブルは、テーブルの脚に装飾が施されており、ダイニングルームないの洗練されたスタイルに統一感を持たせています。ダイニングルームの選び方において、素材が果たす役割は大きいのです。

色を選ぶ

ヴィクトリアンスクールコンバージョン : 澤山乃莉子 DESIGN & ASSOCIATES LTD.が手掛けたダイニングです。
澤山乃莉子 DESIGN & ASSOCIATES LTD.

ヴィクトリアンスクールコンバージョン 

澤山乃莉子 DESIGN & ASSOCIATES LTD.

ダイニングテーブルの選び方で、もう一点重要なことが、テーブルの色です。選ぶ素材によって、おのずと色のテイストが決まってきますが、テーブルの色に選択肢がある場合は、ダイニングルームのスタイルに合わせて、色を選ぶようにしましょう。こちらのアジア風のダイニングルームでは、黒いテーブルに、アジア風のインテリアを合わせて、赤や黄色が目がつようにしています。色を上手く使いこなせば、このようにワンランク上のテーブルに仕上げることができます。

©NORIKO SAWAYAMA

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!