週末の模様替え

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

忙しい日常に追われているとインテリアのことはあまり気にならないか、気になっても手間暇かける時間がないかのどちらかですが、家にいる時間が長いと少し模様替えをしたり、インテリアに変化をつけたくなりますね。そんな時にお手軽なのが週末のプチ模様替え。部屋全ての家具を動かしたりすることなく、少しだけインテリアを変えてみましょう。少しの変化をつけるだけだから、何日もかかるプランではなく、週末だけでできる模様替えのアイディアを集めてみました。生活の空間に新しいことが取り込まれることによって、来週から新たな気持ちで生活を始められるかもしれませんよ。

部屋を好印象にしてくれるグリーン

日当たりの良い部屋であれば是非植物を取り入れましょう。観葉植物は必需品ではありませんが、部屋に一つでもあると好印象になります。育てていく自信がないという方は小さいものから始めてみても良いでしょう。多肉植物ですと、水やりの回数が比較的少なくビギナー向きかもしれません。このように大ぶりの鉢植えを部屋に置くと部屋の雰囲気も一気に変わります。

壁にペイント

labzonaが手掛けた寝室

イタリアの建築家LBZONAが提案するこちらのベットルームは、爽やかなターコイズブルーと白を基調にした色彩が平穏な眠りを約束してくれそうな、可愛らしいお部屋。インテリアも細部まで気が配われ、静謐なイメージですね。正面の壁は一面ターコイズに塗られ、そこに白い鳥たちが描かれています。壁のペイントはお部屋のデコレーションの中でも特にお勧めしたいアイディアのひとつ。フリーハンドで好きに描いてもいいのですが、ステンシルシートなどの型紙を使うと、更に簡単にペイントができます。ペイントスプレーなどを使ってもお手軽で、週末の数時間で出来上がってしまう、簡単な模様替えです。

アートを飾る

壁に直接ペイントするのが不可能だったり、抵抗がある場合は、ポスターや版画などをフレームに入れて飾ってみてもいいでしょう。大きめののものだとそれだけインパクトも大きくなります。大分市の工務店・建築会社、LIVE SUMAI – アズ・コンストラクション - が手掛けたこちらの北欧スタイルのリビングは、落ち着いた色合いの壁と北欧家具が調和しています。額に飾られたポスターもインテリアのポイントになっています。絵を部屋に設置すること自体は簡単なので、週末絵を探しにギャラリーなどに出かけたり、ポスターを探しに行くのもお勧めです。模様替えのアイディアは至る所に転がっているはずです。

照明など一つだけ新しい家具を取り入れる

中京区の家/リビング ダイニング: 一級建築士事務所 こよりが手掛けたリビングです。
一級建築士事務所 こより

中京区の家/リビング ダイニング

一級建築士事務所 こより

インテリアも服などと同じく、長年使っていると飽きてしまいます。もし家具などの買い替えを考えているのなら、まずは新しい家具をひとつ購入してみてはいかがでしょうか。例えば照明器具をひとつ変えるだけでも、空間の印象はかなり変化します。照明によっては今までの家具も違って見えるかもしれません。

家具をDIY

Loafが手掛けたオフィス&店
Loaf

Rudyard Desk

Loaf

自分で家具を作ってみたり、もしくはもっと簡単に既にある家具をペイントしてみるのも楽しいですよ。ペイントだけなら週末の数時間あれば済む程度の仕事です。古くなってきた家具を新しく蘇らせることもできます。もしくは家具のスタイルを変えてしまうことすら可能です。こちらの机と椅子は、薄い木の素材に白みがかったニスを塗られたようですね。最初は小さな椅子などを差し色に塗ってみるのもいいかもしれません。

本を並べ替えてみよう

Rachele Biancalani Studioが手掛けたリビング
Rachele Biancalani Studio

Master bedroom – camera da Letto Padronale

Rachele Biancalani Studio

よっぽどものを増やさないように気をつけていない限り、家のものってどんどん増えていきますね。模様替えはしたいけれど、何も買い足したくない時は、収納の仕方を見直しましょう。例えば見せる収納である本棚。本を大きさや色によって並べ替えたりするだけでも、部屋の雰囲気が変わります。いつもは立てて並べてある本をこんな風に横に倒して積み上げてるだけでも、気分が変わることでしょう。

プチ模様替えのアイディアはいかがでしたか?コメントをお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!