外観: 森裕建築設計事務所 / Mori Architect Officeが手掛けた家です。

究極のスタイリッシュなコンクリート造の住まい

究極のスタイリッシュなコンクリート造の住まい

JUTO JUTO
JUTO JUTO
Loading admin actions …

沖縄の市街地に建てられたこのコンクリートの住宅は、地域の風土に合った要素を建築設計の中にうまく取り入れた快適かつスタイリッシュな住まいです。また優れたデザインを高度な施工技術で表現しているのも見逃せません。福岡県に拠点を置く森裕建築設計事務所が手がけました。

コンクリート造の安定感ある佇まい

周囲に低中層マンションや戸建て住宅が建て込んだ比較的密集したエリアのなだらかな坂道の途中に建つこの建物、シンメトリーで明快なデザインが印象的で、沖縄ならではのコンクリート造です。全体的に打ち放しコンクリートのグレーと白色の塗り壁で構成されるクールな外観ですが、ルーバーのエレメントを取り入れ印象を和らげています。向って左側は屋根付きの駐車スペース、右側はポーチの奥に玄関を配置。

シンプルで繊細な造形

上から見てみましょう。敷地に対して軸を振った建物の配置のおかげで生まれた余白が程よい外部空間となっています。抽象的な造形とコンクリート壁及び屋根スラブに作られた精度の高い施工によるスリットがユニークでかつ建物のアクセントになっていますね。

ルーバーとコンクリートが生み出すスタイリッシュなテラス

道路側の2階のテラス部分です。ルーバー状になった屋根スラブが沖縄の強い日差しを柔らかく遮り、日の移ろいが作り出す様々な陰影がきっと様々な表情でテラス空間を演出するのではないでしょうか。床やカウンター等もコンクリートやモルタルで仕上げたミニマルなデザインが際立つ住宅です。

ストイックなほど無駄を削ぎ落としたデザイン

実は造作の壁付けキッチンとコンクリート製のダイニングテーブルは、ガラスを越えてテラスまで延長しているんです。内外が完全に一体化したような錯覚さえ起こしそうなくらい細部まで丁寧に作られています。もちろん大きなガラスの開口を開ければ内外が繋がるとても気持ちの良い開放感溢れる住空間が広がります。

陰影がもたらす豊かな空間

程よく太陽を遮りながらも必要な光が大きな開口や高窓から入り込み、また遠くに広がる街の風景を眺めることのできる2階にLDKを配置。テラスでも食事をしたりバーベキューをしたりと様々なシーンが繰り広げられそうです。ストイックとも言えるほどの無駄を削ぎ落とした住まいが洗練されたライフスタイルにぴったりですよね。

静寂の広がる庭空間

敷地の奥の余白に生まれた庭空間を眺めたところです。室内にも現れた打ち放しコンクリート壁が白い箱のような室内のアクセントとなり、空間を引き締めています。大きな開口で繋がる庭は禅の世界を垣間みるような無駄を削ぎ落した静寂の広がるような趣きのある外部空間となっています。砂利敷きと高精度な打ち放しコンクリート壁の質感のある雰囲気がうまく調和し、有機的な植物の姿を引き立たせています。同じ建築家が手がけた「目の前に水田が広がる平屋建ての家」でも余白的な外部空間が素敵なのでご覧下さい。

是非取り入れたい坪庭のアイデア

水廻り空間や個室が囲むように坪庭を配置。プライバシーに配慮して周囲に対して閉じたデザインを採用しているので暗くなりがちな1階ですが、坪庭を設けることで明るい日射しと気持ちの良い風を室内に取り入れることが可能。ガラス越しに視線が抜け、空の様子に目を向けたり開放感も感じられるようなデザインが、気分を上げてくれそうですよね。

コンクリートならではの簡潔した造形が際立つ住まいです。皆さんはどう思われましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!