寝室: FAD建築事務所が手掛けた寝室です。

6畳間の寝室。ベッドのレイアウトはどうしよう?

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

ベッドを置く位置は、家具のサイズが大きいため、部屋のレイアウトを考えるにあたり、いろいろと頭を悩ませるのでは?寝室が個別にあるお宅ならば、6畳から8畳くらいの空間が平均的でしょうか。家具のサイズや数によっても空間の利用法は異なってきます。今回は6畳の部屋でのベッドのレイアウトについて。気を付けたいポイントや取り入れたいアイデアなど、いくつかご紹介します。参考にしてみてくださいね。

6畳間。ベッドは真ん中にレイアウト

6畳のお部屋を寝室にする場合、シングルベッドを一つ置く場合とダブルベッドの場合とでは空き空間に差が出てくるもの。どうレイアウトするのがよいのでしょうか。最初にご提案したいのが、部屋の真ん中に置く方法。こちらのような二人用のベッドであれば、壁に頭をくっつける形で真ん中に置くと、どちら側からでも寝台に上がりやすいというメリットがあります。クローゼットなどの大きな家具がない場合は、サイドボードを両脇に置けそうです。

高層階の部屋なら窓際に寄せても

壁にくっつける形でベッドを置くことはあっても、窓に沿う形で配置することは、プライベートを考えて、あまりしないかもしれません。でも例えばこちらのように高層階のお部屋で、近くに同じ高さの建物がないのであれば、窓に寄せてみてもよさそうです。実際には、窓ガラスにぴったりと接するわけではないので、窓からの寒気を気にするほどではなさそうです。これほどまでに大きく開けられた窓ならば、夜にはイルミネーションが掴めそうなほどそばに見えそうですね。

窓から離して陽をよける?!

寝室の方角にもよりますが、東向きに窓がある部屋で、近隣に遮るものがなければ、朝は燦々と陽が差し込みます。自然光で目覚めたい方は、カーテンを閉めずにその恩恵にあずかるかもしれませんが、日常的に夜が遅い人や真っ暗でなければ眠れないという方ならば、なるべく陽をよけられるようなポジションに家具を置くのがいいかもしれません。こちらの寝室では、窓とベッドの間に鏡台を置いています。

壁二面にくっつけると空間を有効に活用可。

大きな家具は、空間の大部分を占めてしまうため、一つの部屋にいくつもの役割を持たせたい場合には、上手なレイアウトが大切。こちらの部屋では、壁の隅に寝台をくっつけることで、他のスペースをうまく活用しています。寝相に心配がある人も、片面が壁ならば安心かも?!天井には緩やかな傾斜がついており、収納棚やデスクが近くにあっても圧迫感はなく、ゆったりと落ち着いた睡眠がとれそうです。

クローゼットがあるときは家具の配置を考える

何もない空間に寝台だけを置くのであれば、使いやすいポジションを見つけるだけでよいのですが、問題となるのがクローゼットなどの大きな収納家具を同じ部屋に配置する場合。ベッドに両脇からのぼれて、サイドボードも置けて、なおかつクローゼットの扉もきちんと問題なく開閉できるように、となると、家具のポジションはかなり固定されてしまいそうです。棚の扉がちゃんと開くということだけでなく、人が問題なく行き来できるかということも、ポイントとなりそうです。

ドアの開閉に気を付けよう

同様に気を付けたいのがドア。こちらの寝室は、埼玉の建築家・株式会社リオタデザインの手がけたもの。淡いブルーの壁が、安眠に誘います。ベッドのすぐ横がドアとなっており、寝室から外向きに扉が開閉するため、特に問題はないのですが、これが内向きに開く場合には、部屋の内側にいる人と外側の人とがお互いに気をつけてドアを開閉することが大切になってきます。怪我の起こる要因はなるべく避けるようなレイアウトを考えたいですね。

参考になるもの、見つかりましたか?ご意見ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!