庭の眺めが美しいセミコートハウス

Michiko JUTO Michiko JUTO
八日市出町の家, 福田康紀建築計画 福田康紀建築計画 モダンな 家
Loading admin actions …

金沢市ののんびりとした住宅街に建てられた住まいをご紹介します。設計を手がけたのは福田康紀建築計画で、L字型の平面プランが作り出す半中庭空間が特徴的な若い家族のための住宅です。シンプルで普通っぽいのにどこかお洒落な雰囲気の漂うセミコートハウス、さっそく見てみましょう。

シンプルかつ洗練された外観

敷地の2方向が道路に面した角地に建つ住宅です。角を隅きりした敷地に建物をセットバックさせて駐車スペースをたっぷり確保しています。こちらのファサード側は外塀を設けず、建物自体を閉じたデザインにすることによって視線や騒音を遮っています。緩やかな片流れ屋根と斜めの壁が作り出すシルエットがお洒落な感じですね。ボリュームの一部を欠き込んで設けた玄関ポーチには逆さL字型の庇と袖壁を設え、アクセントをつけています。

アクセント色を上手に選ぶ

2階建ての白いボリュームに1層分の小さなキューブを付設しています。外壁は落ち着いたブラウンの木板張りと塗り壁によって変化をもたらし、さらに打ち放しコンクリートの外塀と空洞レンガが絶妙なプロポーションで柔らかな境界を形成しています。外構の植栽がこれからどんどん成長していき、建物を彩ると同時に街並みに親しみのある表情を作り出してくれるのでしょう。

コンパクトなのにメリハリのある空間

1階は庭に向ってLDKをコンパクトに配置。リビングエリアの上部は吹き抜けになっており、ギャラリーを介して2階とコミュニケーションが図れる開放的なプランになっています。北欧風のテイストを感じさせるインテリアにポップな色合いの子どもグッズをミックスした若い家族にぴったりの住空間です。

機能性にも優れたデザイン

ダイニングとキッチンのあるエリアは天井高を抑えて落ち着いた雰囲気に。対面式の使いやすそうなキッチンはシンクとコンロを同列に配置したコンパクトなものを採用。ダイニングに面した壁にはディスプレイコーナーに。背後のルーバーの引き戸を開けるとたっぷりの収納が現れます。閉めればご覧の通り、雑多なものを隠し、かつお洒落な雰囲気を室内にもたらします。3.5mの長さのキッチンの先端部は実はPCデスクを兼ねており、様々な用途に使えるようになっているんです。

半中庭的な外部空間と繋がるLDK

外壁と同様、ブラウン系でまとめたリビングがシックで素敵ですよね。打ち放しコンクリートで囲んだ庭と大きな開口で繋がります。各居室は緑あふれる庭に面しており、どの場所からも柔らかい陽の光と自然の眺めを楽しむことができます。そんな半中庭空間を囲むようにLDKとタタミスペースをL字型に配置しています。

素朴なのにスタイリッシュなタタミスペース

ブラウン系の外壁を持つボリュームにあたるのがこのタタミスペースです。絞り気味にデザインした開口が落ち着いた雰囲気をもたらすと同時に庭の穏やかな風景を切り取ってくれます。壁一面に設けた造作の収納スペースは道路側に配置されているので防音にも役立ちそうですよね。スクウェアな琉球畳が和モダンな空間を演出。リビングとは引き戸を全開すればひと続きになり臨機応変に変化するタタミスペース、是非取り入れてみませんか?

庭空間を楽しむ生活

ヤマボウシ、ジューンベリー、シラカシといったメインの樹木を中心に念入りに作庭された外部空間です。プライバシーがしっかり守られながらもプライベート感溢れる庭って意外と確保するのが難しいのですが、程よい高さのコンクリート壁や味のある空洞レンガで仕切ることで閉鎖感を感じさせない庭空間に仕上がっています。「植物に囲まれて暮らす家」も上手に視線を遮りながら庭の風景を楽しめる住宅です。是非参考にしてくださいね。

庭空間が素敵な住まい、いかがでしたか?皆さんの感想を聞かせてください!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!