どうやったらキッチンとリビングを上手に分けることができますか?

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

空間を活かしたリビングキッチンは昨今とても人気があります。特に、キッチンで料理をする人が孤立しないため家族とのコミュニケーションが取りやすいというのが特徴です。ホームパーティなどでも活躍するこの空間ですが、お客様に見せたくない部分があるのも事実です。それゆえ、キッチンのスペースとリビングのスペースはちょっとだけでも仕切っておきたいですね。ではどうやって開放的な空間の魅力をそのままにキッチンとリビングを上手に分けることができるのでしょうか?

アイランド型キッチンで仕切る

大きなアイランド型のキッチンで空間を仕切った例がこちらです。安心して作業できる大きな御影石のカウンタートップはとても使い勝手がよさそうですね。そして、コンロを壁際に設けたことで、油汚れのストレスも軽減できます。収納棚をたっぷりとったアイランド型のキッチンは、リビングの空間にもすんなりととけ込んでいます。

低い壁で分ける

キッチンからリビングの気配を感じられる高さに壁を作って仕切ったのがこちらのリビングキッチンです。低い壁にはカウンターテーブルの機能を加えることも多いですが、ここでは黒板を設けて子供達も楽しめるリビングを作りました。夕飯の支度をしているお母さんの近くで宿題をすることもできるし、会話をしながら黒板にお絵かきすることだってできます。このような壁で仕切ったキッチンとリビングであれば、キッチンの見せたくないところも気にならずにお客様を招くことができますね。

天井までの壁で分ける

一般的に空間を仕切るには壁が用いられますが、せっかくのリビングキッチンですからその広々とした空間を活かしたいものです。特に小さな住宅ではキッチン、ダイニング、リビングをオープンにまとめると、空間を多機能に使うことができて狭さを感じません。こちらは変形敷地に建つ狭小住宅ですが、吹き抜けと大きくとった開口が空間を何倍にも広く感じさせています。ダイニングキッチンとリビングの間には間口の半分だけに天井まで壁を立てました。壁の素材がキッチンの仕上げと同化して視覚的に奥行きを感じさせます。また、吹き抜けの高さを使った壁は天井高を強調して、空間をさらに広々と見せています。キッチンとリビングを壁で仕切る場合、このようにすると奥行きや高さを効果的に見せることができます。

引き戸で仕切る

日本には “障子” や “ふすま” といった素晴らしい引き戸の文化があります。この機能的ともいえる扉は和の空間だけでなくモダンな空間にも凛とした空気を演出してくれます。こちらの写真は家山真建築研究室が手掛けた住宅です。外観も内装も和の趣を持ってはいますが、全体はモダンに計画されています。ここでは、広々としたキッチンとリビングの間に大きな引き戸が設けられていて、これによって部屋を仕切ることができます。広縁側には格子の入った引き戸がありますが、これは夏の日差しや外部の視線を遮るために効果的であるとともに、和の空間特有の落ち着いた雰囲気を演出してくれます。可動式のパーテーションと言うには美しすぎるこんな和の要素を含んだ引き戸でリビングキッチンの空間を分けてみてはいかがですか?

床のレベルを変える

こちらは床のレベルを変えることによって、ダイニングキッチンとリビングに境界線を作ったものです。こちらの住宅を手掛けたのはSTRAIGHT DESIGN LAB。ディテールにこだわり自由な空間を楽しむ様子が写真からも感じられます。床を一段上げたことでそこに腰かけることができ、子供達にとっても楽しい空間になりました。このように床のレベルを変えてリビングキッチンを分ける方法の他に、床の素材を変えたり、色を変えたりすることでも似たような効果が得られます。

本棚などの家具で分ける

リビングキッチンを上手に分けたいけれど壁を立てるわけにもいかないし、今あるキッチンを買い替えるわけにもいかない・・・という場合は、家具を使って空間を分ける方法がお勧めです。その場合、両面から使える写真のような本箱であれば光を遮ることもなく機能的に使えます。ここではキッチンのスタイルに合わせて黒いグリッド状のものを選んでスタイリッシュにまとめています。ただし、日本の場合地震時の転倒が心配なので壁や天井に固定するか、または背の低いタイプの家具で空間を仕切るといいでしょう。

リビングキッチンの魅力、楽しんでいただけましたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!