homify360°:コンパクトな家が生み出す広がり「sha-la」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家を建てる際に狭小地という言葉を耳にするかもしれません。それは非常に小さな敷地のことで、普通の敷地に比べて価格が安いため、そこに家を建てる人が増えてきています。もちろん狭小地ほど小さな敷地でなくても、庭や駐車スペースを設けると、大きな家を建てることは簡単でないでしょう。そうなると心地良い空間を作ることも難しくなってしまいます。今回紹介したいのは「E DO DESIGN 一級建築士事務所」が手がけたコンパクトな敷地に建つ家。そこには広がりを感じられる空間が生み出されています。

コンパクトな土地に建つ家

今回家が建てられたのは茨城のつくば市。敷地は多くの家が建ち並ぶ住宅地にあります。もちろん住宅地ということで大きな敷地を確保するのは簡単ではありません。また駐車スペースが必要となるため家を建てられる空間は狭くなりました。ただしそこに住むのは夫婦に子供たちの家族4人。もちろん狭さを感じられるような家では心地良い生活を送ることができません。そこでコンパクトであっても広がりが感じられる家が必要となったのです。

3角形が生み出すシンプルで個性な外観

家は木造2階建ての建物。その外観はモダンな印象を与えるものになっています。そんな外観で大きな特徴となるのが三角形の空間。例えばバルコニーは一部だけ張り出す形になっているため、3角形のスペースを作りだしています。他にも建物の正面部分のように斜めにカットされた空間があるなど、4角形で構成される建物に変化を与え、シンプルで個性的な外観を作り出しています。

広がりを生み出す空間

建物の内部にあるのは広がりを感じさせる空間。それは1階のリビングルームの前にあるのは大きな窓や、2階に設けられたバルコニーが感じさせてくれます。窓から見えるのは外に広がる風景。バルコニーでは風景を楽しむだけでなく、外の風にあたり、日光を浴びることができます。こうした屋外との繋がりは、壁の存在感を弱めて、広がりを感じさせてくれるのです。

らせん階段が生み出す広がり

広がりを感じさせるもので忘れていけないのは建物の中心にあるらせん階段。普通の階段であれば壁などで視界が遮られることが多いでしょう。ですが、ここでは段板と細い手すりで視界を遮ることはありません。そのため視覚的に、そして空間的に1階と2階を繋げて広がりを生み出します。また上の階から下の階へと光や風をもたらし、明るく風通しの良い空間を生み出すことにもなるのです。

コンパクトでも心地良い家

家を建てる際に駐車場や庭などが必要となってしまい、大きな家を建てられなくなることがあるます。ですが心地良い住まいを諦める必要はありません。屋内と屋外との繋がりや、家の中での空間の繋がりを作ることで、広がりを生み出すことができます。もちろん広がりだけでなく、明るさや風通しの良さも得ることができます。このような家ではその広さを気にすることなく心地良い生活が送ることができるでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!