対面式キッチンvs壁付きキッチン

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
D`s HOUSE dwarf 北欧デザインの キッチン
Loading admin actions …

対面式キッチンか壁付きキッチンのどちらのキッチンレイアウトにするべきか迷われる方も多いのではないでしょうか。どちらにも長所短所があるので、選ぶ際にはどちらのキッチンタイプのメリットを取り入れたいのかを考慮していくことが重要なことの1つとなります。そこで今回は、対面式キッチンと壁付きキッチンを比較しながら、どちらのキッチンレイアウトがあなたに合っているのかを見ていきたいと思います。

対面式キッチンレイアウトで家族団欒

対面式キッチンと壁付きキッチンの基本的な違いは、料理をする時の向きになります。対面式キッチンの場合、ダイニングやリビングを向きながらになるので、料理中でも子どもの様子を見ることができたり、リビング・ダイニングにいる家族とコミュニケーションがとれたり、テレビを見ながら料理ができるなど、キッチンを中心に家族団欒の生活空間を生み出すことができます。反対に、壁付きキッチンはどうしても壁を向きながらの調理となるため、キッチンの壁に窓を設けるなどして、窓の風景を眺めながら料理が出来るようにしてみてもいいかもしれません。


▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のキッチンを紹介しています◀

※ キッチンの写真ページ

対面式キッチンレイアウトのすっきりとした見た目

壁付きキッチンの場合、どうしてもダイニングやリビングから丸見えになるため、キッチンに物が溢れていると生活空間全体が雑然としがちです。対面式キッチンも同様なことが起こり得ますが、こちらのH建築スタジオが手掛けた住まいのように、アイランドキッチンの前にちょっとした衝立のようなものを設けることで、オープンキッチンの開放感を保ちながら、うまくキッチンカウンターにある物への視線をカットすることができます。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録しているキッチンプランナー ※



収納や家電の置き場所や動線が楽な対面式キッチン

D`s HOUSE dwarf 北欧デザインの キッチン
dwarf

D`s HOUSE

dwarf

収納スペースや冷蔵庫などの家電製品を配置する際に、壁付きキッチンは横への広がりに気を付ける必要があります。あまり横方向に広がり過ぎると、キッチン内の動線が長くなってしまい、使いづらいキッチンとなってしまいます。そんな時は、パントリーを取り入れるなどしてキッチンのプランニングを進めてみて下さい。そうした面では、対面式キッチンはプランニングがしやすくなるでしょう。アイランドキッチンなどの背後の壁に収納スペースや家電製品をまとめて配置することで、使いやすく豊富な収納量のキッチンにすることができます。パントリーについては、「パントリーで余裕のあるキッチンに!そのメリット・デメリット」も参考にしてみて下さい。


【住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

 キッチンのおしゃれな間仕切りアイデア5選!

生活空間が広くフレキシブルな壁付きキッチンレイアウト

2階のリビング、ダイニング、キッチンの一室空間 一級建築士事務所expo 日本家屋・アジアの家
一級建築士事務所expo

2階のリビング、ダイニング、キッチンの一室空間

一級建築士事務所expo

キッチンカウンターが壁に面している壁付きキッチンは、ダイニング、さらにはリビングといった生活空間をより広くフレキシブルに使うことができる住まいとなります。対面式キッチンはどうしてもキッチンスペースが固定され、スペースも大きくとってしまうので、生活空間の広さや家具の配置のフレキシブルさという面では壁付きキッチンの方が有利となります。よりダイニングやリビングなどにスペースを費やしたいという方は壁付きキッチンがおすすめです。

配膳が楽な壁付きキッチンレイアウト

キッチン(新築) エヌ スケッチ オリジナルデザインの キッチン
エヌ スケッチ

キッチン(新築)

エヌ スケッチ

キッチンから振り向けばダイニングテーブルがある壁付きキッチンでは、配膳などをより楽に行うことができます。対面式キッチンでもダイニングテーブル側にもう一人いれば、食器などの受け渡しもスムーズですが、そうでなければキッチンをその都度回り込まなければなりません。そんな時は、アイランドキッチンとダイニングテーブルをくっつけて配置するなどの工夫をしてみて下さい。

臭いや煙が広がりにくい壁付きキッチン

壁沿いにコンロがある壁付きキッチンでは、対面式キッチンのデメリットである臭いや煙がダイニングやリビングスペースに広がってしまうことも起こりにくくなります。対面式キッチンでも、コンロの位置を背後の壁側に配置すれば、そうした問題点も解消することができるので、あらかじめ考慮しておきましょう。

【キッチンについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ アイランドキッチンの押さえておきたいメリット・デメリット  

※ ペニンシュラ型キッチンで開放的な生活空間!知っておきたいそのメリット・デメリット

※ L字キッチンのメリット・デメリットまとめ集

※ Ⅱ型キッチンで余裕のある台所!そのメリット・デメリット


追記:キッチンカウンターの収納

LDKを区切るキッチンカウンターは、色々なものを置くことが出来るので便利ですが、あまりモノを置いてしまうとリビングからキッチンカウンターが丸見えになるので散らかって見えるデメリットがあります。キッチンカウンターを設ける際は、例えば壁面収納を利用したり、オープンシェルフを利用してお気に入りの調理器具を並べても良いでしょう。

追記:キッチンカウンターとダイニングテーブルの省スペースなレイアウト

キッチンカウンターを利用して、省スペースなダイニングテーブルのレイアウトが可能になります。一般的にキッチンカウンターと平行に並べられるダイニングテーブルですが、カウンターをそのままテーブルとして活用したり、例えばこちらの様にカウンターに対して垂直にダイニングテーブルを置くことで調理スペースに視線が集まることを避けることができたり、家族との距離が近くなるメリットが生まれます。

あなたはどちらのキッチンタイプを選びますか?コメントをお待ちしています!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!