見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

カントリー調のバスルームを作るためには?

AYUMI SAITO AYUMI SAITO
Loading admin actions …

昨今は、モダンスタイルやミニマムスタイルが流行しています。お洒落ではあるけれど、自分の部屋はあたたかみを感じられるスタイルが好みという方も多いと思います。そんな方のために、カントリー調のバスルームの作り方のアイディアをご紹介します。

フリースタンティングバス

.8 HOUSE: .8 / TENHACHIが手掛けた浴室です。

フリースタンティングバスをご存知ですか。フリースタンディングバスとは、名前の通り、独立したバスタブのこと。壁に取り付けられたバスタブと一線を画し、デザイン性の高さが人気の一因となっています。フリースタンディングバスは、神奈川県の建築家.8 / TENHACHIがデザインしたこちらのバスルームでも、木素材と、フリースタンディングバスを組み合わせています。木素材の素朴さが、フリースタンディングバスのオシャレ感を引き立てています。

PHOTO // akihideMISHIMA

パステル調を効果的に使う

カントリー調のバスルームを作る際に取り入れたいカラーは何でしょう?それは、あたたかさを感じさせるパステルカラーです。淡い色合いは、カントリー調に欠かせない木素材ともベストマッチ。こちらの空間は、パステル調の黄色を中心としてまとめました。花柄の壁が、楽しい気分にさせてくれますね。

ウッド調のフロアリング

カントリー調のバスルームに欠かせない素材は、間違いなく木素材です。壁、もしくはフロアリングに、木素材を取り入れ、ウッド調の空間を取り入れましょう。木素材こそ、カントリー調のあたたかみのある空間を作るのに大きな役割を果たすのです。こちらの例も、木素材のフロアリングを取り入れました。色をダークブラウンにすることで、洗練された感も追加されています。

クレジットKenny&Mason

自然光を取り入れる

カントリー調のバスルームの特徴は、まさにあたたかみが感じられる空間。そのため、自然光がをいかに取り入れるかが、鍵となります。十分な自然光を空間内に取り入れられるように、大きな窓を取り付けましょう。東京都の建築家アトリエグローカル一級建築士事務所が手掛けたこちらのバスルームにも、沢山の光が入るように大きな窓が取り付けられています。木のぬくもりが感じられる空間になりました。夜だけではなく、明るい昼間にお風呂に入るのも気持ちよさそうです。

繊細な照明を

照明はどうすればいいのでしょうか。カントリー調バスルームにおいては、そのあたたかみのある空間を演出するために、照明は強すぎない間接照明にすること、そして暖色系の照明を取り入れるのがおすすめです。こちらのバスルームも、暖色系の間接照明を適宜に配置することで、あたたかみの感じられる空間を作り出しています。パステルイエローの壁紙が、ほんのりと浮かび上がっていて素敵ですよね。暖色系の照明は、カントリースタイルに欠かせないパステル調の色合いや木素材とも相性が良いのです。

花と植物を置く

カントリースタイルは、花や植物と相性が抜群です!特に、ドライフラワーや、サボテンをはじめとした多肉植物は、高相性。バスルーム内の棚や、窓際のスペースを利用し、花や植物を飾れば、一気にカントリースタイルに近づけますよ。こちらのバスルームでも、窓際にピンク色が可愛らしい花を飾っています。鉢植えではなく、麻素材の籠を入れ物として利用するのも良いアイディアですね。

カントリー調のバスルームを作るための良いアイディアは見つかりましたか。ぜひ感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!